教員紹介岩﨑 周一

戻る

岩﨑 周一IWASAKI SHUICHI

外国語学部 ヨーロッパ言語学科 ドイツ語専攻 准教授

学位
博士(社会学)(一橋大学)
専門分野
近世ヨーロッパ史(ハプスブルク君主国史)

研究テーマ

近世(16-18世紀)のハプスブルク君主国について、君主と「諸身分」の関係に注目して研究しています。「諸身分」という言葉は耳慣れないでしょうが、高位聖職者や貴族など、身分制議会に出席する資格を持つ特権的有力者の団体で、イギリスにおける「議会」、フランスにおける「三部会」に相当します。彼らは中近世のヨーロッパにおいて、臣民の代表という立場から、君主と権力を分有して国を統治する重要な存在でした。

担当科目

専攻ドイツ語、ドイツ文化概論、ドイツ文化論、ヨーロッパの歴史、演習など

プロフィール

出生地は東京(中野)ですが、千葉、山梨、東京(国立)と移り住み、2012年4月から京都で暮らしています。まだ冷戦期の1984年に西ドイツで一年間生活したことは、ひろく世界に目を向け、ヨーロッパの歴史と文化に興味を抱く重要な契機となりました。院生時代にオーストリアの首都ウィーンで二年の留学生活を送ったことも、忘れがたい思い出です。このように複数の国・地域で暮らした経験は、今の私のパーソナリティにも影響しているように思います。

学生へのメッセージ

現在の世界では、さまざまな国・組織・勢力が割拠し関係し合う「多極化」が進行しています。ですから英語のみならず、英語以外の外国語能力、そして幅広く確かな教養を身につけ、現実世界の多言語・多文化的状況に対応できる能力を育むことは、とても重要です。変化する世界の中で重要な役割を担っているドイツ(語)を切り口とし、世界に目を向けようとする人たちとの出会いを、楽しみにしています。

連絡先

著作紹介(共編・共訳含む)


専任教員一覧に戻る

PAGE TOP