教員紹介山本 啓二

戻る

山本 啓二YAMAMOTO KEIJI

文化学部 国際文化学科 教授

学位
文学修士
専門分野
イスラーム科学史、天文学および占星術の歴史

研究テーマ

主に9世紀から11世紀までのイスラーム世界で、ギリシア語からアラビア語に翻訳されたり、アラビア語で書かれた占星術書の写本を集め、その校訂版と英語訳を作っています。前者の例としては、2世紀の天文学者プトレマイオスの著作、また後者の例としては、9世紀にアッバース朝の宮廷で活躍した占星術師のアブー・マアシャルの著作があります。またこれらの著作は、12世紀になってからラテン語に翻訳され、西欧世界にも大きな影響をおよぼしました。

担当科目

入門セミナーA・B、アジア文化演習Ⅰ・Ⅱ、図書及び図書館の歴史、アジア事情B

プロフィール

大学生になるまでは読書が嫌いで、図書館とはほとんど縁がありませんでしたが、今ではほとんど毎年のように外国の図書館に直接行ったり、日本から注文したりして、アラビア語写本のコピーを集めています。今まで11か国の30ほどの図書館に行きました。結局、その図書館通いが高じて、現在「図書及び図書館の歴史」という授業を担当しています。

学生へのメッセージ

世の中には、役に立つことと立たないことがあるのではありません。自分が学んだことや体験したことを役立てることができるかどうかは、その後の自分次第なのです。私の高校時代の数学の先生は、「数学なんかやって何かの役に立つのか」とよく言われ、こう答えたそうです。「やればやっただけのことはある」と。まさにそのとおりだと思います。何をするにしても、悔いの残らないように精一杯やることが、その後の自分に生きてくるのではないでしょうか。

専任教員一覧に戻る

PAGE TOP