教員紹介若松 正志

戻る

若松 正志WAKAMATSU MASASHI

文化学部 国際文化学科 教授

学位
文学修士(東北大学)
専門分野
日本近世史

研究テーマ

「日本近世社会の研究」
江戸時代の長崎や京都を中心に、日本の近世社会について研究しています。長崎は、江戸時代の対外関係・貿易・文化交流の要(かなめ)であり、幕府の政策、「鎖国」、貿易の変遷、長崎奉行、都市構造、町人の活動・生活、さらには貿易と国内経済・産業との関わりについて、研究を進めてきました。京都については、朝廷(天皇・親王・公家)・社寺(賀茂社・吉田神社)、産業(観光・商業・モノづくり)などについて研究を進めています。 
また、日本の地域性や現代の問題、食文化、音楽、サブカルチャー(マンガ、アニメ、キャラクター、「萌え本」)など、日本文化・日本社会全般について関心をもっています。

担当科目

文化学概論Ⅰ、日本文化の基礎A,同B.日本史研究入門、日本文化演習I1・2、同Ⅱ1・2、図書館情報資源特論、京都の世界遺産PBL、など。

プロフィール

1963年11月、石川県金沢市生まれ。東北大学文学部・同大学院文学研究科で日本史を研究。東北大学助手を経て、1993年4月に京都産業大学教養部講師として着任。その後、経済学部助教授・文化学部助教授などを経て、2004年4月に文化学部教授。
1995年4月より本学日本文化研究所兼務所員。
2008年10月より2014年3月まで教学センター長・キャリア教育研究開発センター長を兼務。
2014年4月より文化学部長。

学生へのメッセージ

国際化・多様化・複雑化・情報化が大きく進むこれからの時代を生き抜くためには、a.好奇心をもつこと、b.興味・関心を広くもち、主体的にものごとを調べ、よく考え、まとめ、議論し、発信すること、そしてc.社会のなかで実践を積むことが大切だと思います。
みなさんが充実した大学生活を過ごし、笑顔で卒業し、社会で活躍することを心より願っています。

専任教員一覧に戻る

PAGE TOP