教員紹介中 良子

戻る

中 良子NAKA RYOKO

文化学部 国際文化学科 教授

学位
博士(文学)(関西学院大学)
専門分野
アメリカ文学

研究テーマ

現代アメリカ南部の、特に女性作家の文学作品を研究しています。アメリカ南部作家で最も有名なのは、1949年にノーベル賞も受賞したウィリアム・フォークナーですが、私は、フォークナーと同時代に、全く異なる視点で南部を描き出したユードラ・ウェルティを主な研究対象にしています。そこから、女性作家独自の視点というものはあるのだろうか、女性にとって小説を書くこと、文学をとおして世界と関わっていくとはどういうことなのか、といったことを考えています。

担当科目

アメリカ文学論、イングリッシュ・セミナーⅠ、アメリカ文化基礎演習、アメリカ文化演習Ⅰ、アメリカ文化演習Ⅱ。

プロフィール

子どもの頃から本を読むのが好きでした。最も重要な読書体験は小学校時代だったような気がしています。中学高校時代は、突如バレーボールオタクになり、どうしたら日本はもう一度オリンピックで金メダルがとれるようになるかということを、日々真剣に考えていました。大学は文学部を選び、今に至っていますが、体育会系文学少女(?)を自負しています。

学生へのメッセージ

「読書」は、最も手軽にできる、それでいてとても奥の深い異文化体験です。読書によって、わたしたちが生きている日常生活とは全く異なる時空の世界をも自由に飛び回れる想像力の翼を身につけることができます。書物の世界でしか出会えない人々もいます。読書は、人生をきっと豊かにしてくれるでしょう。学生時代にできるだけ多くの本を読んで、読書の大切さと面白さを実感してください。

専任教員一覧に戻る

PAGE TOP