教員紹介灘本 昌久

戻る

灘本 昌久NADAMOTO MASAHISA

文化学部 国際文化学科 教授

学位
教育学修士(大阪教育大学)
専門分野
歴史学、社会学

プロフィール

1956年神戸市生まれです。その後、高校までは千里ニュータウンで過ごし、大学時代からは京都に移り、現在は琵琶湖の西に住んでいます。滋賀は、京都という都会の便利さにも近く、自然環境は最高で、たいへん住みやすいです。テニスやスキューバーダイビングをはじめとして、いろいろ趣味はあるといえばあるのですが、結局は、研究が趣味みたいなものです。時々、自分が今遊んでいるのか働いているのかわからないような生活をしています。まぁ、研究は純粋に仕事としては出来ないことなので、それでいいと思っています。

研究テーマ

「現代社会と人権」
人権問題、差別問題に関して、同和問題を中心に研究しています。現代は、昔のように思想信条、言論の自由などの基本的な人権だけでなく、同和問題や民族問題、また、最近では性同一性障害の人権などなど様々な問題が複雑にからまっています。こうした問題について、単に被害者の立場に立つだけではなく、社会全体の問題として、その解決を考えていこうと考えています。

担当科目

近現代日本史入門、人権のあゆみ、人権を考える、歴史文化基礎演習、入門セミナー
<科目の詳細はシラバス検索より>

ゼミ活動テーマ

複雑に揺れ動いていく歴史・社会を鋭く分析するゼミです。是非ご参加を。
「落語長屋」 顧問をしています。笑う門には福来たる。日本に笑いの渦を巻き起こしましょう。

学生へのメッセージ

第二次大戦後の日本は、高度経済成長の右肩上がりで、たいへん静かな歴史を歩んできました。しかし、これからは、アジア諸国の台頭をはじめ、地球規模の地殻変動で、複雑かつ争いの多い時代に入っていくのではないでしょうか。そうした困難な時代の中で、社会に貢献できる人間になるよう、学生生活を有意義に過ごして欲しいと思います。

専任教員一覧に戻る

PAGE TOP