教員紹介篠原 健一

戻る

篠原 健一SHINOHARA KENICHI

経営学部 教授

学位
博士(政策科学)(同志社大学)
専門分野
雇用関係論、経営管理論

研究テーマ

「日米自動車産業における作業組織の比較研究」

企業組織の中でも特に人間の側面を勉強しています。その中でも作業組織論という分野がこれまでの最大の研究領域で、とりわけ日米自動車産業における雇用関係、経営管理、人事管理等をテーマとしてきました。日本人の働き方、経営・職場の仕組みと比較して、アメリカ人の働き方はどういう風になっていて、経営・職場組織はどのように構成されているのか?大きくいえば、このようなことを主に勉強してきました。

担当科目

雇用関係論

プロフィール

趣味はジョギングです。だいたい毎日走っていますが、別にストイックな感じではなく、マイペースで走るのが楽しいから続いています。またグルメではありませんが、食べることも大好きで、わりと大食いです。

学生へのメッセージ

「かわいい我が子には旅をさせよ」といいますが、若いうちは色んな経験、人、本・知識に接して、人間の幅を広げてほしいと、心から思っています。そうした経験がいつかきっと活きてくると思います。長い人生、焦らず、たゆまず、怠らず行きましょう。

ゼミの紹介

毎年ゼミ生たちと相談してその年のテーマを決めていますが、おもに雇用関係と自動車産業を中心とした製造業について勉強しています。個人・グループ報告や本学書評大賞への応募、研究発表大会報告を経て、卒業論文作成につなげていきます。ゼミのイベントとしては懇親会、合宿、工場・企業見学、ボーリング大会等があります。ゼミを通じて、一生付き合える友人関係を築いてほしく思います。

出身大学および出身学部

同志社大学経済学部

出身大学院

同志社大学大学院アメリカ研究科博士後期課程

専任教員一覧に戻る

PAGE TOP