教員紹介佐々木 利廣

戻る

佐々木 利廣SASAKI TOSHIHIRO

経営学部 教授

学位
経営学修士(明治大学)
専門分野
組織間関係論、組織論など

研究テーマ

「より良い社会をめざした企業とNPOの協働」
利益追求を主な目的にする企業と特定のミッションを重視して活動するNPOは、本来は水と油の関係です。しかし元々相いれない組織がさまざまな社会課題の解決のために手を組むこともあります。どのような社会課題を解決するために企業とNPOは協働するのか、その協働の過程は、協働の結果などを考えながら、より良い社会をめざした協働のあり方を理論的にそして具体的事例をもとに考えています。

担当科目

経営組織論(マクロ)、組織間関係論

プロフィール

海山に囲まれた四国の片田舎で高校卒業までを過ごし、大都会東京で10年間の学生生活の後に、第三のふるさと京都に赴任しました。情報の中心地東京とも適度な距離感があり、流行に流されず研究教育ができる京都という土地柄をありがたく感じています。一向に上達しないテニスと同世代が集まるコンサートで汗をかくことが息抜きでありストレス解消でもあります。都会の喧騒を離れ場末のひなびた旅館の露天風呂でのんびり過ごすことが至福の時です。

学生へのメッセージ

高校から大学卒業までの7年間は、好奇心旺盛だったこともあり何でも手を出していました。失敗したり長続きしないことも多かったのですが、それでもその時は夢中になって頑張っていたと思います。そうした経験のなかから今の自分の職業に出会うことになりました。こうした経験から言えることは、できるできないは別にして興味のあることには積極的にチャレンジしてほしいですね。「考える前に飛べ」です。

ゼミの紹介

大学4年間の大きな財産はゼミだと思っています。自分の体験からもそう言えますし、ゼミ生にも常にそう話しています。ゼミのモットーは「よく学びよく遊び」です。そして大学卒業後もゼミ生同士の関係が続いていくような長持ちするゼミでありたいと思います。また自分の専門が組織論ということもあり、常にゼミも一つの組織であると考えています。マネジメントの工夫次第で活力のあるゼミにもなることもあれば、不機嫌なゼミになることもあります。そういう意味ではゼミも生き物であることを痛感します。

出身大学および出身学部

明治大学 政治経済学部

出身大学院

明治大学大学院 経営学研究科

専任教員一覧に戻る

PAGE TOP