外国語学部

取得可能免許と「目指す教師像」

外国語学部で取得できる免許状の種類

  中学校一種免許状 高等学校一種免許状
英語 ドイツ語 フランス語 中国語 英語 ドイツ語 フランス語 中国語
英語学科            
ヨーロッパ言語学科    
アジア言語学科        
国際関係学科※            

※平成26年度以降入学者のみ教員免許状取得可能

外国語学部 英語学科が目指す教師像

英語学科では、英語での高度な対話能力を身につけさせるだけでなく、英語圏の多様な事物に対する知識や言語そのものに関する知識の教授を行う。さらに、教室内外での多様な学習機会を提供することにより、グローバル社会で活躍できる豊かな教養とチャレンジ精神に満ちた人材を育成し、教科指導に関わる専門知識と実践的指導力を併せ持つ、主体的に教育的課題に取り組む使命感と生徒への愛情に満ちた英語教員の育成を目指す。

外国語学部 ヨーロッパ言語学科が目指す教師像

ヨーロッパ言語学科では、専攻語の高度な運用能力と英語の確かな運用能力を習得させ、専攻語圏およびヨーロッパの多様な事物に関する知識の教授を行う。さらに、教室内外での多様な学習機会を提供することにより、グローバル社会で活躍できる豊かな教養とチャレンジ精神に満ちた人材を育成し、教科指導に関わる専門知識と実践的指導力を併せ持つ、主体的に教育的課題に取り組む使命感と生徒への愛情に満ちた外国語教員の育成を目指す。

外国語学部 アジア言語学科が目指す教師像

アジア言語学科では、専攻語の高度な運用能力と英語の確かな運用能力を習得させ、専攻語圏およびアジアの多様な事物に関する知識の教授を行う。さらに、教室内外での多様な学習機会を提供することにより、グローバル社会で活躍できる豊かな教養とチャレンジ精神に満ちた人材を育成し、教科指導に関わる専門知識と実践的指導力を併せ持つ、主体的に教育的課題に取り組む使命感と生徒への愛情に満ちた外国語教員の育成を目指す。

外国語学部 国際関係学科が目指す教師像

国際関係学科では、英語での高度な対話能力を習得させるだけでなく、複雑な国際情勢に対応できるように、複眼的な視点と異文化受容能力を身につけさせ、国際関係に関する多様な専門知識の教授を行う。それによって、自ら問題を発見し、その解決に向けて積極的に思考と行動を行い、グローバル社会で活躍できる豊かな教養とチャレンジ精神に満ちた人材を育成し、教科指導に関わる専門知識と実践的指導力を併せ持つ、主体的に教育的課題に取り組む使命感と生徒への愛情に満ちた英語教員の育成を目指す。

2017年度専任教員担当授業科目一覧

外国語学部 英語学科

教員氏名 担当科目名
川越 いつえ 英語学A(英語音声学・音韻論)Ⅰ、英語学A(英語音声学・音韻論)Ⅱ、教職実践演習(中・高)
髙橋 眞理 英語学B(英語統語・意味論)Ⅰ、英語学B(英語統語・意味論)Ⅱ
難波 和彦 英語学C(英語語彙論)Ⅰ、英語学C(英語語彙論)Ⅱ、英語科教育法3、英語科教育法4
鈴木 雅恵 英米文学概論Ⅰ
宮澤 直美 英米文学概論Ⅱ、米文学Ⅰ、米文学Ⅱ、米文化概論Ⅰ、米文化概論Ⅱ
ギリス フルタカ アマンダ ジョアン 英文化概論Ⅰ、英文化概論Ⅱ
大和 隆介 英語科教育法1、英語科教育法2

外国語学部 ヨーロッパ言語学科

教員氏名 担当科目名
グローテ ジョアナ キャロライン 特別英語(英語プレゼンテーションⅠ)、特別英語(英語プレゼンテーションⅡ)、英語専門セミナー(アカデミック英語)Ⅰ、英語専門セミナー(アカデミック英語)Ⅱ
桜井 延子 特別英語(多読多聴Ⅰ)、特別英語(多読多聴Ⅱ)
山本 武信 異文化コミュニケーションⅠ、異文化コミュニケーションⅡ
島 憲男 ドイツ語学B(意味論・文法論)Ⅰ、ドイツ語学B(意味論・文法論)Ⅱ
高山 秀三 ドイツ文学概論(文学史)Ⅰ、ドイツ文学概論(文学史)Ⅱ
ヤスパゼンマルテ 専攻ドイツ語(会話)Ⅰ、専攻ドイツ語(会話)Ⅱ
岩﨑 周一 ドイツ文化概論(歴史)Ⅰ、ドイツ文化概論(歴史)Ⅱ
ヴァイヒャート カーステン ステファン ドイツ語科教育法1、ドイツ語科教育法2、専攻ドイツ語(会話)Ⅰ、専攻ドイツ語(会話)Ⅱ、専攻ドイツ語(会話)Ⅲ、専攻ドイツ語(会話)Ⅳ
長谷川 晶子 フランス文学A(文学史)Ⅰ、フランス文学A(文学史)Ⅱ、フランス文化概論Ⅰ、フランス文化概論Ⅱ
ジエモン アンドレ 専攻フランス語(会話)Ⅰ、専攻フランス語(会話)Ⅱ、専攻フランス語(会話)Ⅲ、専攻フランス語(会話)Ⅳ
湟野 正満 フランス文化論BⅠ、フランス文化論BⅡ

外国語学部 アジア言語学科

教員氏名 担当科目名
黒瀬 亮 特別英語(多読多聴Ⅰ)、特別英語(多読多聴Ⅱ)
浜田 盛男 異文化理解概論
エディ プリヨノ アジアの英語
中川 千枝子 中国語学概論Ⅰ、中国語学BⅠ、中国語学BⅡ、中国語科教育法3、中国語科教育法4
森 博達 中国語学概論Ⅱ
矢放 昭文 中国語学AⅠ、中国語学AⅡ
池田 昌広 中国文化概論Ⅰ、中国文化論BⅠ、中国文化論BⅡ
畠山 香織 中国文化概論Ⅱ、中国文化論CⅠ、中国文化論CⅡ
関 光世 中国語科教育法1、中国語科教育法2

外国語学部 国際関係学科

教員氏名 担当科目名
ガロファロ ラッセル ディスカッション国際関係英語Ⅰ、ディスカッション国際関係英語Ⅱ
鈴木 孝明 特別英語(教室英語Ⅰ)、特別英語(教室英語Ⅱ)
マコーマック ノア ヨシナガ 比較文化論Ⅰ、比較文化論Ⅱ

2017年度非常勤教員担当授業科目一覧

外国語学部 英語学科

教員氏名 担当科目名 学位等 業績
ロザティ サイモン 英語専門セミナー(クリエイティブライティング)Ⅰ、英語専門セミナー(クリエイティブライティング)Ⅱ 修士(TESOL分野) (著書)
大学生のための基本英文法と必修英単語 Fundamental Grammar And Vocabulary(平成19年1月 成美堂)
現代イギリスの暮らしと文化 Life And Society In Modern Britain(平成19年1月英宝社)
トピカル・ブリテン Topical Britain(平成21年1月英宝社)
(学術論文等)
“The JET Programme and Culture Shock”(平成17年3月龍谷大学国際センター研究報)
イベル デレック レイ 英語専門セミナー(アカデミック英語)Ⅰ、英語専門セミナー(アカデミック英語)Ⅱ 修士(TESL/TEFL) (学術論文)
Extensive Reading for Sharpening Cognitive Skills: Countering the Negative Effects of the Internet on Learning
(平成27年3月 I’NEXUS No.6)
マクガバン ショーン ウィリアム 英語専門セミナー(アカデミック英語)Ⅰ、英語専門セミナー(アカデミック英語)Ⅱ MA (学術論文)
Overcoming the `Classroom' Syndrome
(平成1年1月 TESL Reporter Vol.22 No.1 pp.5-8)Learning Strategies:The Key to Good Language Learning
(平成1年1月 Modern English Teacher Vol.16 No.3&4 pp.38-40)
ロブ トーマス ニール 英語学概論Ⅰ、英語学概論Ⅱ Ph.D. (言語学) (著書)
“Extensive Reading” in Language Learning Beyond the Classroom (Chapter 1), D. Nunan & J. Richards, Eds, Routledge, pp. 3-12.(2014年)
(学術論文)
“Helping teachers to help themselves,” in Teacher Education in CALL, P. Hubbard & M. Levy, (Eds.), John Benjamins Publishing. pp. 335–347. (2015年)
(基調講演)
Considerations for Teaching and Learning with Ubiquitous Technologies, Malaysia English Language Teaching Association Annual Conference, Ipoh, Malaysia (2016年6月)

外国語学部 ヨーロッパ言語学科

教員氏名 担当科目名 学位等 業績
池田 崇亘 ドイツ語科教育法3、ドイツ語科教育法4 マギスター学位(一般言語学) (学術論文)
Koartikulatorische Erscheinungen im Japanischen und Deutschen und Auswirkungem für japanische Deutschlernende (マギスター学位論文)
(平成21年2月 ライプツィヒ大学)
ブルーノ ティノ 専攻フランス語(会話)Ⅲ、専攻フランス語(会話)Ⅳ 博士 (学術論文)
「日本の新聞が原子力の「平和利用」の推進に果たした役割」(平成27年5月、明石書店)
ラフィット ラファエル 専攻フランス語(会話)Ⅲ、専攻フランス語(会話)Ⅳ 修士 なし
湯浅 博章 ドイツ語学概論Ⅰ、ドイツ語学概論Ⅱ、ドイツ語学A(音声学・音韻論)Ⅰ、ドイツ語学A(音声学・音韻論)Ⅱ 修士(言語・文化 学) (著書)
独検3級 合格テクニック(平成23年10月 同学社)
アクセス和独辞典(平成24年1月三修社)
(学術論文)
中高ドイツ語の動詞接頭辞 ge-の機能について—"Der arme Heinrich"におけるテンスとアスペクトの相関関係—(平成21年3月「姫路独協大学外国語学部紀要」第22号)
中高ドイツ語における動詞カテゴリーの親縁性—動詞接頭辞 ge-の文法的機能について—(平成22年3月「姫路独協大学外国語学部紀要」第23号)
トゥラウデン ディーター 専攻ドイツ語(会話)Ⅲ、専攻ドイツ語(会話)Ⅳ Ph.D. (著書)
Wie alles sich zum Ganzen webt . Fest- schrift für Yoshito Takahashi zum 65.Geburtstag(平成22年3月 Stauffenburg)
(学術論文等)
„ich erckhenn euch für erber gesst.“ – Pilger und Wirte in den Tiroler Emmaus- spielen. In: Figuren des Transgressiven. Das Ende und der Gast.(平成21年8月iudicium)
瓜生 濃世 フランス文学概論Ⅰ、フランス文学概論Ⅱ 文学博士 (学術論文等)
「学習者の関心を呼び起こす取り組み—『フランス文学概論』の場合—」(平成25年3月 『京都産業大学論集 人文科学系列』第46号)
江川(安西)記世子 フランス語学B(統語・意味論)Ⅰ、フランス語学B(統語・意味論)Ⅱ 言語文化学博士 (著書)
フランス語学小事典(平成23年5月 駿河台出版社)
(学術論文等)
フランス語の複合過去の主観性—知覚によって特徴づけられた事態(平成24年12月 「フランス語と日本語におけるモダリティ」、研究代表者:渡邊淳也による論文集(筑波大学人文社会系))
大木 充 フランス語科教育法1、フランス語科教育法2、フランス語科教育法3、フランス語科教育法4、フランス語学概論Ⅰ、フランス語学概論Ⅱ、フランス語学A(音声学・音韻論)Ⅰ、フランス語学A(音声学・音韻論)Ⅱ 博士 (言語学) (著書)
マルチ言語宣言 —なぜ英語以外の外国語を学ぶのか —(平成23年6月 京都大学学術出版会)
Didactique plurilingue et pluriculturelle : l'acteur en contexte mondialisé (平成24年 Editions des archives contempo-raines)
(学術論文等)
Contextualiser l’apprentissage autodirigé dans l’enseignement supérieur au Japon(平成23年7月 Le français dans le monde - Recherches et applications (CLE international) No.50)
Introduction of the portfolio into French language instruction: Theoretical background and effect (平成24年 A Comprehensive Study on the Framework of English Language Teachers’Professional Development in Japan (JACET SIG on English Education))
授業時間外自律学習のためのタイムマネジメントと不安(平成24年12月 『e-Learning 教育研究』第7号)
L’impact des représentations du français sur la motivation : étude comparative entre le Japon et l’Australie(平成25年 Actes du IIe congrès de la commission Asie-pacifique de la FIPF)
金子 哲太 ドイツ語学C(ドイツ語史)Ⅰ、ドイツ語学C(ドイツ語史)Ⅱ 博士(文学) (著書)
ドイツ語現在完了の語用論的意味 —その通時的考察— 平成25年9月
haben完了に生じた「再分析」について —どのような意味的変化が生じたのか— 平成27年3月
小田 直史 ドイツ文学A(近現代)Ⅰ、ドイツ文学A(近現代)Ⅱ 博士(人間・環境学) (論文)
ボードレールの「芸術」論--ベンヤミンのボードレール論に基づいた--(『文明構造論』第九号 2013年)
ボードレールの「アレゴリー」(『文明構造論』第十号 2014年)
ベンヤミンの見たアレゴリカー・ボードレールの相貌(京都大学大学院 人間・環境学研究科 博士論文 2015年)

外国語学部 アジア言語学科

教員氏名 担当科目名 学位等 業績
王 燕玲 専攻中国語(会話)Ⅲ、専攻中国語(会話)Ⅳ 博士(医学)  
大村 由紀子 中国文学概論Ⅰ、中国文学BⅠ、中国文学BⅡ 修士(比較文学) (学術論文等)
崇禎本『金瓶梅』第一回に於ける考察(平成24年3月 京都産業大学論集第45号)
瀨邊 啓子 中国文学概論Ⅱ、中国文学AⅠ、中国文学AⅡ 博士(言語文化学) (学術論文)
『湖北文藝』と董宏猷 平成27年3月 佛教大学文学部論集
日本中学国語課本裡的《故郷》平成27年第11期 魯迅研究月刊
房 雪霏 専攻中国語(会話)Ⅰ、専攻中国語(会話)Ⅱ、専攻中国語(会話)Ⅲ、専攻中国語(会話)Ⅳ 文学修士
(著書)
中国留学・教育用語の手引き(平成22年2月 関西学院大学出版社)
園の「」字の誤用と誤読について
(平成22年2月 関西学院大学『外国語紀要』
(平成21年度))
李 愛華 専攻中国語(会話)Ⅰ、専攻中国語(会話)Ⅱ、専攻中国語(会話)Ⅲ、専攻中国語(会話)Ⅳ 文学修士 (著書)
超中国語入門(平成22年5月30日 晃洋書房)
(学術論文等)
随筆「児女」に見られる朱自清と豊子愷の児女観(平成22年10月 流通科学大学論集第22巻第2号)
PAGE TOP