平成27年度 秋学期 公開授業&ワークショップ 実施報告

実施日時・場所・参加人数

  1. 「公開授業」:「法政策基礎リサーチ」
    2015年12月10日(木)2限 13101(中井 歩 教授)、3限 4I演習室(中井 歩 教授)・13103(芝田 文男 教授)
    7名が参観
    「ワークショップ」:同日5限、7名が参加
  2. 「公開授業」:「法教育演習Ⅰ」
    2016年1月15日(金)3限 14104(山口 亮子 教授)、14106(増井 敦 准教授)、14107教室(中井 歩 教授)
    8名が参観
    「ワークショップ」:同日5限、7名が参加

ワークショップでの意見交換内容

  • 「法政策基礎リサーチ」についてのワークショップ:この科目は初年時アクティブ・ラーニング科目であり、とくに1回生のうちに学習に向けた積極的な態度形成について、効果があると思われる。引き続き、教員とSAとの協働を通じた、レクチャーとグループワークの組み合わせによる授業展開について、改善を図りたいということが意見交換された。
  • 「法教育演習I」についてのワークショップ:授業参観者もアイスブレイキングや観察ワークに参加したことで、受講生を観察・フィードバックをする際に気をつけるべき点などについて考えることができた。また、ワークショップでの議論を通じて、これらの点について共有ができたと思われる。学内の複数部門による連携での科目運営には、違った視点から授業構成や受講生の傾向などについて見て考える機会になるなどの点で、意味があると思われる。
  • 2回のワークショップに共通の部分:2つの科目はともにSAが参画している点が共通した特徴である。SAの参画を通した授業改善についての建設的な議論が多く、学部における初年次教育やアクティブ・ラーニング科目のあり方を考える有意義な機会となった。
PAGE TOP