法律学・政治学専門家によるNews解説!

法学部には国内外の法律や政治・政策を専門とする教員が多数在籍しています。
このページでは、私たちの身近なニュースや歴史について、その教員が分かり易く解説していきます。
法学部は「法律」を学ぶだけの学部ではなく、「社会にある問題を解決する力」を学ぶ学部です。
このコーナーを読んで、是非、その力を感じて欲しいと思います。


21世紀になってコンピュータや通信技術がめざましく発展しました。
いまではインターネットを利用したパソコンやスマートフォン、タブレットなどを使わない生活は考えられません。

「犯罪は増えていて凶悪化している」という誤解/田村 正博 教授 2019.09.04

 

「社会安全政策」を受講した学生から、「犯罪は増えていて凶悪化している、と思っていたのは間違いだったと分かりました。誤解をする人が多いのはなぜでしょうか?」という感想・質問が毎学期寄せられます。

気候変動についてカリフォルニア州の取り組み/焦 従勉 教授 2019.06.01

 

気候変動、プラスチックごみ(プラごみ)による海洋汚染などの環境問題は、国際社会が最優先で取り組むべき課題であり、6月28日~29日に開催されたG20大阪サミットでも主要な議題の一つとなりました。
※写真:日本外務省HP

元号と法制史/久禮 旦雄 教授 2019.06.01

 

平成31年(2019)4月1日、新元号「令和」が発表されました。そして政令(内閣が制定する命令)として公布するための今上陛下(現・上皇陛下)の御名御璽(ギョメイギョジ(署名・押印))をいただき、5月1日、新天皇が即位される日の零時から施行となりました。


PAGE TOP