安全保障プログラム

外交・防衛や開発援助・文化交流など国際貢献に関心のある人に。

目的

安全保障プログラムでは、世界人類の全体が平和と安全の確保のためにどうすればよいか、そのために日本はどのように行動すべきか、を考えます。安全保障は、かつては軍事力による国防や、外国との良好な関係を保つ外交の問題と考えられていましたが、次第に経済関係やエネルギー問題も視野に入れる「総合安全保障」の考え方が一般的になりました。さらに近年では、国家単位で安全保障の問題を考えることには限界があると認識され、さまざまな脅威から人間個人の安全を守ることを課題ととらえる「人間の安全保障」という考え方が広がってきています。安全保障プログラムでは、この考え方に基づいて、武力紛争・武器拡散・難民・貧困・大規模自然災害・感染症・薬物汚染・地球環境問題・エネルギー問題などさまざまな脅威から、個々の人間を守るためにはどのような政策を実行すればよいのか、多面的に考えていきます。

安全保障プログラムでは、国際法や国際政治を中心に学ぶとともに、実務家リレー講義の「総合安全保障論」によって、現に生じている諸問題とそれへの政策的対応を知り、その解決策を考えます。安全保障プログラムは、外交・防衛の仕事を志望する人のほか、国際機関・NGO・マスコミなどで活躍したい人にもおすすめします。

特徴

国際法・国際政治・外交史を中心に学びます。
総合安全保障論は、防衛省・外務省・海上保安庁・日本赤十字・NGOなど、安全保障の最前線で活躍している実務家によるリレー講義です。
フィールド・リサーチでは、安全保障上のテーマについて、自衛隊・行政機関・NPOの第一線の担当者にヒアリングしたり、現場調査をしたりして、その現状・課題・改善の方向性を考えます。

構成科目

  民事法学 国際法学 国際関係論 政治学 総合演習 プログラム修了要件
基礎・導入 選択必修 法律学入門 政治学入門 プレップセミナー 2科目4単位以上修得
基幹 必修 民法I(概論・総則・物権)     公共政策概論   2科目6単位修得
ユニット選択必修   国際法E(国際安全保障法) 国際政治学A     2科目4単位修得
          国際法G・西洋外交史以外から12単位以上修得*
選択   国際法A(総論)
国際法B(国家管轄権)
国際法G(国際機構法)
国際政治学B
総合安全保障論
   
アクティブ・ラーニング 選択必修         フィールド・リサーチ
展開 選択   国際法F(国際人道法) 日本外交史
アジア政治外交史A
アジア政治外交史B
西洋外交史A
西洋外交史B
   
*ユニット選択必修科目については、Bユニットの科目は、2科目ともに修得しなければ、プログラム修了となりません。
PAGE TOP