平成28年度 学部授業・カリキュラム改善に向けた「重点テーマ」

重点テーマ・目的・期待する効果等

(1)テーマ

少人数教育の科目の充実と、履修選択行動と成長実感の把握

(2)目的

これまでの調査・改善活動を継続することと、平成27年度から導入されたAL(アクティブ・ラーニング)科目を重視したカリキュラムがもたらす教育効果について、継続的に調査をすることで把握すること目指す。また、得られた知見からさらなる授業改善を進めることを目指す。

(3)期待する効果

初年次・少人数科目である「プレップセミナー」をはじめとしたAL科目を充実させることを通じて、学生がより主体的・意欲的に、法学部の科目に取り組むことができるようする。AL科目を通じて積極的な学習態度を身につけた学生は、AL科目以外の講義科目等でも、主体的に履修選択を行い、学習できるようになることが期待される。こうした波及効果が起こることを目指して、AL科目、講義科目への調査を通じた実態把握を継続的に行う。
PAGE TOP