平成27年度 学部授業・カリキュラム改善に向けた
「重点テーマ」

重点テーマ・目的・期待する効果等

(1)テーマ

少人数教育の科目の充実と、履修選択行動と成長実感の把握

(2)目的

これまでの調査・改善活動を継続することと、今年度から導入するAL(アクティブ・ラーニング)科目の重視の効果を継続的に把握し改善を進めることとを目指す。

(3)期待する効果

初年次・少人数科目であるプレップセミナーをはじめとしたAL科目を充実させることを通じて、学生がより主体的・意欲的に、法学部の科目に取り組むことができるようする。

学部授業・カリキュラム改善に向けた中間報告(春学期の集計結果を踏まえ、学部長が作成)

  • 「プレップセミナー」「AL科目」の両方において、1回あたりの準備学習が1時間を越えているとした回答者が半数以上であり(プレップ55%程度、AL60%程度)、主体的に学習したと解答した者もプレップで60%程度、ALで75%程度と、多くなっている。法学部ではAL重視のカリキュラム改革を行ったが、主体的な学習態度の形成を促すという所期の目的を、ある程度は達成できていると評価できる。
  • 「成長の実感」についても、学部の全科目平均よりも、「プレップセミナー」と「AL科目」でスコアが良く、とくに、AL科目では実におよそ8割が「強くそう思う」「そう思う」と答えている。AL重点化の方向性を、今後も進めていくべきだと思われる。
  • 「プレップセミナー(1年次春学期)」の受講生に聞いた項目、「法学部の学びについてのイメージをもつことができた」「自分の将来について考える機会を持つことができた」の2つについて、「強くそう思う」「そう思う」と答えた者が両方で7割近くを占めており、この科目の目的についてもある程度は達成できていると評価できる。
PAGE TOP