学部長メッセージ

社会は変えられる。
それを実践し、確信してもらうことが4年間を共に生きる私たちの約束です。

社会に出てから社会に関わるか?社会を変えてから社会に出ていくか? この世の中には「アタリマエ」があふれています。 でも、誰にとってもアタリマエなことでも、あなたが「変えたい」と思い「行動」するなら変えられます。例えば、現在、「女性の活躍」が顕著なフランスも「働き方の理想」と言われる北欧もほんの数十年前はまるで違っていました。変えたい思いが社会を揺り動かしたのです。 本学部では、在学中にも「社会は変えられる」という確信を持ってもらえるようなカリキュラムをつくっています。 まず、これまでの学部とは違い、教養教育(「共通教育科目」)に多くの時間を割き、社会を360度の観点から見つめます。そして「学科専門科目」で、段階的に自分の専門を深め、「リーダーシップ科目」で他者と協働する「次世代型リーダー」について学びます。さらに実践の場「演習科目」で、仲間や教員とチームになって社会の課題に取り組み、さまざまな解決策を考えることで社会を変えていきます。 卒業後、あなたが変えた社会に飛び込み、さらに未来へとつなげてください。

現代社会学部
学部長 藤野 敦子

PAGE TOP