授業科目紹介

専攻○○語

アジア言語学科の他の専攻の学生と同じカリキュラムで、中国語・韓国語・インドネシア語のうちの一つを「専攻○○語」(必修科目)として2年間学ぶ。(各専攻語には、「海外実習」という科目が設けられており、希望者はこれに参加することができる。)

※どの言語を学ぶのかは入学時に決定します。(ただし、希望に添えない場合があります。)

インテンシブ日本語

本専攻の留学生のための授業。既に身につけた日本語をより深く学習し、日本語運用能力の更なる向上を図ることに加え、日本語の専門家として求められる日本語についての基本的な知識とより高度な運用能力を身につける。

日本学入門I・II

テーマに沿って情報収集や情報整理をする力、比較・分析する力、口頭発表による発信力を身につけることを目的とし、日本の歴史、文化、社会、政治、経済、法律、科学技術、アジアの他の地域との関係や類似性、相違点などを学ぶ。

情報日本語I・II

コミュニケーション、情報収集、情報活用に有用なツールとしてのインターネット(各種Webアプリケーション)および各種ソフトウェアの操作技能とその応用について学ぶ。また、各自が所有する携帯通信機器が情報日本語およびコミュニケーションの観点からどのように活用できるかについても検討する。

言語学概論I・II

「言語を科学する学問」である言語学の概説である。我々を取り巻く言語世界の実像に迫るために、言語学という研究分野の考察対象、考察方法や考察対象の抽出法を解説する。また、言語を使用する人間と社会が関わる“言語”の世界の諸問題と現状の理解を深める。

日本語学概論I・II

日本の国語としての日本語という立場ではなく、外国語としての日本語の正確な知識の習得とともに、日本語と外国語の言語的な異同に着目して現代日本語の体系的・網羅的な理解のための「日本語学力」を習得することを目指す。

日本語教育概論I・II

日本語を母語としない人を対象とした日本語教育について、言語、社会、経済、国際関係、歴史、文化等、多方面から体系的に知識を得て、日本語と日本語教育に対する自分なりの問題意識と将来への展望が持てる知見を身につける。

日本語教授法I・II

日本語を母語としない人を対象とした日本語教育の実践において必要となるさまざまな知識、考え方やスキルを具体的な事例を通し学んでいき、日本語教師に求められる幅広い知識、考え方やスキルを身につける。

日本語文法I・II

日本語を外国語として客観的に観察、分析し、日本語の基礎的な文法事項について体系的な知識を身につけるとともに、日本語の文法構造から生起する諸々の文法現象を理解することで、基本的な“日本語文法力”の実力養成を目指す。

日本語教育史

外国人への日本語教育や外国人による日本語学習がこれまでどのように行われていたのかを、主に政策的観点、日本語研究および日本語史の観点、外国語教育の観点からみていく。

対照言語学

日本語と他の外国語との音声・音韻の異同、文法(形態的・統語的)の問題、語彙の意味的な差異、諸々の表現形式(「ナル」言語と「スル」言語等)の異同の様相を考察し、客観的立場からの日本語の実像を理解する。

日本語教材開発論

日本語教育のコースデザインから見た教材の位置づけを理解した上で、実際に教材分析を行うとともに、教材作成の立案から作成までを実際に行うことで理解の深化を図り、知識を実際に運用できるようにする。

日本語音声学

日本語音声の特徴と発音のメカニズムを把握し、日本語音声を客観的に聞き取る観察力を身につけ、外国語学習、日本語教育、日本語生活に生かせるようにする。

検定日本語教育I・II

日本語教育の要点を整理・把握し検定試験に備えられるようにするとともに、その準備を通して日本語教育分野をより広く深く理解する。

日本語教育実習

実際の教育現場において指導する際に必要となる様々な基礎的知識を踏まえた上で、具体的な学習者を想定し、ニーズにそったコースデザイン、授業の組み立て、教室活動、教授方法を考え、授業実践を行う。また、本学の留学生クラスや国内外の日本語教育機関において、日本語教育の現場を体験する。

共生のための日本語演習

日本語を母語としない人々への情報提供の現状と課題を学びながら、多文化共生社会の実現に向けて求められる母語話者・非母語話者間での情報格差解消に向けた具体的な方策について、その一つである「やさしい日本語」による情報提供を中心に演習形式で考える。

日本語教育のための「言語と社会」Ⅰ・Ⅱ

社会の中で言語がどのように使用されているのか、またどのように機能しているのか、言語と社会・国家とのかかわりになどを中心に、将来、国内外で日本語教育に携わりたい人にとって必要となる「社会言語学」の知識や考え方を学びます。

日本語教育のための「言語と心理」Ⅰ・Ⅱ

周囲に溢れる様々な言語現象、日本語学習者の存在に目を向けつつ、将来、国内外で日本語教育に携わりたい人にとって必要となる言語学習における学習者の心理や第二言語習得に関する基礎知識や考え方を学びます。

日本語・コミュニケーション専門セミナーI・II

[現代日本語論]

現代日本語に関する諸々の問題を扱うことで、現代日本語の分析と研究の方法論を習得する。

[異文化コミュニケーション論]

異文化コミュニケーションの基本を学び、異文化接触場面で円滑なコミュニケーションができるようにする。

[日本語教育方法論]

日本語教育における評価の役割と方法を理解できるようにする。

[手話コミュニケーション論]

言語コミュニケーションの手段である手話の基本的な知識とその技能の習得を目指す。

[留学生対象:日本語スキル]

社会に出てから役立つ日本語を含めたより高度な日本語を習得し、総合的運用力を高めるとともに、異文化調整力や異文化理解力を身につける。

アジア言語研究演習I・II・III・IV

[浜田ゼミ]

日本語の曖昧文や誤用文の分析を通して日本語への理解を深めると共に観察力と表現力を身につけ、日本語教育や履修生自身の日本語に生かせるようにする。

[渡辺ゼミ]

日本語の教育現場における具体的な事柄(コースデザイン、指導方法、教材開発、学習者の日本語習得)など、日本語教育を取り巻く事情や諸問題について考える。

[今西ゼミ]

多様化する日本語を母語としない人の現状や彼らを取り巻く諸問題を中心に、グローバル化する現代社会と関連づけながら、日本語や日本語教育を考える。
    1年次 2年次 3年次 4年次
専攻科目 必修 専攻○○語
インテンシブ日本語(留学生)
 
日本学入門 情報日本語  
基礎演習  
選択必修 アジアの言語  アジアの文字と文化  アジアの社会と歴史  アジアの政治と経済
  広東語とその社会 異文化理解概論 アジアの英語
  言語学概論  日本語学概論  日本語教育概論  日本語教授法
日本語文法  日本語教育史  対照言語学  日本語教材開発論
日本語音声学  日本語教育のための「言語と社会」
日本語教育のための「言語と心理」
  共生のための日本語演習 
○○語海外実習
  検定日本語教育
  日本語教育実習
日本語・コミュニケーション専門セミナー
  アジア言語研究演習
英語科目 選択必修

特別英語

PAGE TOP