アジア言語学科中国語専攻

語学力だけじゃない!
幅広い知識を兼ね備えた即戦力を目指す

中国語専攻の特長は、語学において高い実践力を身につけると同時に、中国の歴史、文化、社会など幅広い知識を得られる点にあります。
また、専攻の枠にとどまらず、中国語を学ぶ他学部生との交流も盛んです。毎年開催する「暗唱大会」や、語学学習とフィールドワークをとおして現地ならではの学びを体験できる科目「中国語海外実習」は、「上級生や中国人留学生、他学部生と交流できて良い刺激になった」と好評です。中国語の実践力を高める通訳・翻訳、時事中国語などの授業や中国の歴史、文化、社会、文学に関する講義も豊富です。これらの科目はネイティブ教員や各分野の専門家が指導します。

 

カリキュラムマップ


留学中、平和を祈ってフリーハグに挑戦
信念のある行動は、人々の心を動かせると実感

将来社会に出てから必ず役に立つ。それが私の中国語を専攻した理由でした。本専攻での学びでは、中国文化論などの授業を通して中国という社会の様子を理解するとともに、中国語の読む力や、語彙力を向上させることができました。さらなる会話力向上に貢献したのはやはり3年次の中国上海への長期留学です。日中友好を願ってのフリーハグや旅行を通して、現地のリアルな様子に触れられたことが、自分自身の視野も大きく広げました。将来は中国に駐在員として赴任し、日本と中国の交流に貢献したいと考えています。


日中友好を願い、上海でフリーハグに
挑戦した時の記念写真

 

中国語学科4年(現 アジア言語学科 中国語専攻)
山名 純平 さん

※掲載内容は取材当時のものです。

留学体験レポート

PAGE TOP