ゼミナール

経済学部では、卒業時に研究論文を作成することを最終目標としています。しかし、各学生が自分の関心に合わせて研究を行うには、関連分野の専門家である教員の指導が必要となります。本学経済学部では、こうした場としてゼミナールを2年次生の後期からスタートし、担当の専任教員が学生の研究をサポートしています。研究を実施する上では、フィールドワーク、アンケート調査、経済実験を行いますが、これらの作業では共同で作業することも多く、グループワーク力を身につけることができます。3年次生にはゼミ対抗の学内ディベート大会が開催されます。他大学との研究会で報告を行うゼミナールもあります。こうした活動を通じて、プレゼンテーション能力を高める機会が用意されています。
PAGE TOP