学部長メッセージ

コンピュータ理工学部長
新實 治男
コンピュータやネットワーク技術の目覚しい発展に伴い、これらはもはや社会的インフラとして不可欠のものになっています。パソコンの性能向上はもとより、携帯電話や家庭電化製品などにもコンピュータが組み込まれ、また、インターネットを利用したショッピングやチケット予約、音楽や動画の配信、さらには各種ソフトウェア機能のクラウド化など、様々な方面で情報関連技術の応用が広がり、今後もさらに新しい応用が広がっていくと考えられます。このように発展し続けるIT社会の未来を担い・支えるためには、コンピュータや情報関連技術の基礎知識をしっかりと身につけ、急速に進展する情報関連分野に対応できる専門知識と技術、そして応用力を備えた人材を育成することが求められています。このような社会的ニーズに応えるために、従前の工学部情報通信工学科と理学部コンピュータ科学科をベースにして、コンピュータに関連した最先端のテーマを追求する学部として平成20年4月にコンピュータ理工学部を設置しました。

本学部では、特に3つの領域からITのフロンティア(先端領域)に挑戦し、発展を続けるIT社会の新時代を担う人材を育成していきます。そのために、新しい情報処理技術に挑戦する学科として「コンピュータサイエンス学科」、新しい情報ネットワークの開発を目指す学科として「ネットワークメディア学科」、そして、人に優しい知的なシステムの実現を目指す学科として「インテリジェントシステム学科」の3学科を設けています。

これら3つの学科は互いに深く関連していますので、本学部のカリキュラムは3学科が連携した柔軟なものにしています。入学時には学科に配属せず、2年次春学期までは数学やプログラミング、コンピュータの基礎など、学部の共通専門基礎教育を行います。この間に、情報関連の最先端のテーマを紹介し、将来進みたいコンピュータ関連分野を見つけてもらいます。2年次の秋学期に各学科へ配属しますが、学科配属後も他学科の科目を履修することができますので、各自の興味に合わせて各学科の境界分野の勉強もスムーズに行えます。

コンピュータ関連の分野は進歩が速いため、ハウツー(How to)的な知識はすぐに古くなってしまいます。進歩し続けるIT社会を支え、将来にわたって活躍し続けるためには、コンピュータ関連の基礎をしっかりと身につけたうえで応用力を磨き、新しい分野に挑戦していくことが重要です。座学で学んだ知識をしっかりと自分のものにするために、本学部では、プログラミング科目や実験・演習科目を充実させています。豊富なプログラミング科目を通して、基礎から高水準なプログラミングスキルまでを学べます。また、実験・演習科目を通して、実際の機器に触れて操作したり、ハードウェアやソフトウェアを作成したりすることで、講義で学んだ知識や概念を実体験として身につけていくことができます。卒業研究は、教員一人につき学生6人程度の少人数教育で、1年半にわたり、きめ細やかな研究指導を行います。より深い専門分野の新しい研究に主体的に取り組み、個性を発揮して問題を解決していくことにより、それまでに学習した知識の応用力や適応力をはぐくみ、新しい事に挑戦する能力を養います。さらに、より高度な専門知識と技術を身につけるために、本学部の大学院である先端情報学研究科へ進学する道もあります。特に成績が優秀な人に対しては、学部を3年半で早期卒業して大学院に進学し、1年半で修士課程を修了することができる独自の制度を設けています。

このようなカリキュラムを通して、ITの新時代を担う高度な専門能力を身につけた人材を育成するとともに、コンピュータが可能にする人類の夢と未来に向かって挑戦していく人材を育成したいと考えています。

新實 治男
PAGE TOP