マネジメント学科

あらゆる業種・業界で通用するマネジメント能力を養成

経営学の基礎から、マーケティング、グローバル経営、最新のケーススタディなどのほか、資格取得に結びつく科目まで、これからのビジネス界で求められる知識・技術を幅広く網羅したカリキュラムを編成。あらゆる業種・業界で通用するマネジメント能力を身につけていきます。

社会とつながる経営学

仕事に生活に、さまざまな場面で活用できるマネジメント能力を身につけよう

経営学とは企業や自治体など、組織の運営について広く研究する学問です。その一分野であるマネジメントとは、組織が目標を達成するために資源(ヒト、モノ、カネ、情報など)を管理し、有効活用するための手法です。マネジメントという言葉からは難しそうな印象を受けますが、実は私たちも身近な生活の中でその手法を利用していることが多くあります。例えばクラブやサークル内で人間関係がこじれた場合、どのような解決策が考えられるでしょうか。話し合いの場を設ける、親睦を深めるためのイべントを企画する、といったものが挙げられますが、話し合いの場を設ける場合、その目的は「組織のしくみを見直し、原因を根本的に解決する」ことにあるといえます。同様にイべントを企画する場合は「雰囲気を盛り上げ、周囲から影響を及ぼしていく」ことが目的といえるでしょう。このように課題に対し解決策をどう選び、どのような形で実行に移し、どのような結果を出すことを目指すのか。その一連のアクションこそが「マネジメント」なのです。身近な課題から世界規模の課題まで、マネジメントを活用できるフィールドは無限に広がっています。みなさんも学部の学びを通してマネジメントについて理解を深めながら、社会の未来を描き、自分自身の未来を描けるように成長していきましょう。

サークルで先輩と後輩が衝突!

解決策01
上下関係が厳しすぎたのかな?普段から意見を言い合える工夫を

解決策02
パーティーを企画し、雰囲気から盛り上げる

解決策03
サークルのイメージダウンのピンチ!それぞれの保護者へまずは報告

学びのポイント

多彩なテーマで専門研究に取り組む

2年次からはじまるゼミナール

マネジメント学科において、学修の核となるのがゼミナール(以下、ゼミ)です。一般的に専門研究は3年次からはじまりますが、本学の経営学部では2年次からゼミがスタートします。十分な時間をかけて専門性を深められることに加え、日々の学習においても、自分の専門研究に必要な周辺分野の科目履修につながります。

30を越える多彩なクラス

研究型、実践活動型、企画型など、30を越えるゼミが活発に研究活動を行っています。特定のテーマを巡って3年間にわたり専門的な研究に取り組むことができます。ゼミ間の交流も盛んで、ゼミ対抗イべント「ゼミ研究報告大会」ではゼミ同士がお互いに切磋琢磨。学内だけでなく全国大会や学会での学生発表など、社会・他大学との交流も実施しています。

[2年次]

主体的な研究姿勢を養う

戦略論、マーケティング、会計など専門知識を増やすと同時に、受け身ではない学修や調査の方法を身につけます。

[3年次]

ビジネス界との交流も深める

学外に足を運んでビジネスパーソンとの交流も深めながら、実社会の問題発見・解決に取り組んでいきます。

[4年次]

独創的な卒業論文作成に挑む

3年間の調査・研究により養われた思考力や分析力をもとに、独創性の高いMBAレベルの文献や教材も活用しながら、卒業論文を作成します。

取得可能な教員免許状※

  • 高等学校教諭一種免許状(商業)

※ 2019年4月教職課程認定(申請中:ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる場合があります。)

取得を推奨している資格

  • 税理士
  • 中小企業診断士
  • 公認会計士
  • ファイナンシャル・プランナー
  • 日商簿記検定
  • 証券アナリスト
PAGE TOP