京都産業大学×土庄町「むすびわざ大学」京都産業大学の土庄町1日キャンパス開校

2017.06.22

TAG:

イベント公開講座現代社会学部

2015年に包括連携協定を締結した香川県小豆郡土庄町と京都業大学を“むすんで”、新しいものを“うみだす” 『京都・土庄むすびわざ大学』を開校します!
講演会にゼミ体験、学長によるミニ講座、学生による催しのほか、テーマに沿ったスポーツプログラムなどを実施し、土庄町総合会館が京都産業大学の「1日土庄町キャンパス」になります。
入場無料で、出入りも自由。来てくださる皆さんが『むすびわざ大学生』になれるイベントです!

日時 2017年7月2日(日)
13:00~16:30(開場 12:30)
場所 土庄町総合会館(フレトピアホール)
小豆郡土庄町甲267番地78
参加費 無料
申込 不要(当日会場にお越しください)

講演会「不便な生活が健康寿命を延伸する」

講座 不便な生活が健康寿命を延伸する
講師 京都産業大学 現代社会学部 健康スポーツ社会学科
森谷 敏夫 教授
時間 13:00~14:30(開場 12:30)
定員 200名

講座概要

移動はクルマ、階段よりもエレベーター、掃除や洗濯は機械任せなど、便利な生活に慣れていませんか。
最近の運動医科学の研究により、体力の低下や生活習慣病の発症が加齢のみに依存しているのではなく、慢性的な運動不足による生理機能の低下が大きな要因であることが分かってきました。近年では、「エコノミークラス症候群」や震災後の避難生活中に発する「生活不活発病」など、過去にありえなかった運動不足病が報告されるに至っています。
不便な生活は筋肉の活動を増やし、糖質、脂質のエネルギー代謝をアップさせるだけでなく、ロコモや認知症の予防になります。この講演では最新の運動医科学を分かり易く解説します。

講師プロフィール

1980年、南カリフォルニア大学大学院博士課程修了(スポーツ医学、 Ph.D.)。
テキサス大学、テキサス農工大学大学院助教授、京都大学教養部助教授等を経て1992年、京都大学大学院人間・環境学研究科助教授、2000年から同科教授。
2016年から京都大学名誉教授、京都産業大学現代社会学部教授。専門は運動医科学とスポーツ医学。

土庄寄席

時間:14:30~ ※講演終了後に実施予定
京都産業大学落語長屋の学生による寄席がオープン!

ゼミ体験 ※高校生対象(事前申込要)

講師:京都産業大学 現代社会学部 濱野 強 教授 

スポーツから見た土庄の未来》
スポーツは何?という当たり前だけど分からない疑問についてみんなで考えましょう。
そして、スポーツを通じて土庄町が元気になる方法を提案してみよう。

京都産業大学 現代社会学部 塩谷 芳也 助教 

《土庄町の魅力を再発見する方法》
「視点を変えれば、世界が変わる」。町の特徴と色々な視点をかけ算するメソッドを学びながら、土庄町の隠れた魅力を発掘していきましょう。

お問い合わせ先

土庄町企画課 Tel:0879-62-7014
京都産業大学 社会連携センター事務室 Tel:075-705-2952
PAGE TOP