京都産業大学 経済学部 国際シンポジウム
『経済学と哲学における意識と意図』

2015.12.05

TAG:

イベントお知らせ国際交流経済学部
京都産業大学 経済学部 国際シンポジウム
『経済学と哲学における意識と意図 / Consciousness and Intention in Economics and Philosophy』開催

経済学における実験研究は20世紀後半に始まり、実験経済学は経済学研究の方法として確立し、理論研究と実証研究を結びつけるなどの役割を担っている。いっぽう哲学は実験とは無縁と思われがちであるが、英語圏では1990年代から実験哲学の運動が始まり、実験心理学の知見と方法を導入しての哲学研究が盛んになりつつある。本シンポジウムは、実験経済学と実験哲学の研究者を国境と専門を超えて招集し、両分野の融合と新たな発展を目指す。

日時 2015年12月12日(土)9:00 – 17:00
2015年12月13日(日)9:15 – 16:00
会場 京都産業大学5号館3階
申込方法 申込みフォームよりお申込みください。
シンポジウム
ウェブサイト
http://keel.main.jp/conference/

基調講演者

12月12日(土)

12月13日(日)

プログラム

問い合わせ
京都産業大学 経済学部 国際シンポジウム事務局
keizai-jim@star.kyoto-su.ac.jp
PAGE TOP