Professor Jiro Yukawa

Area and Subject Taught Public Law Practice, Local Autonomy Act
Legal Issues I am interested in Administrative Litigation, State Compensation Cases
Academic Degrees Faculty of Law, Tokyo University
Office Phone Number Not Public
e-mail

Overview of Areas of Specialization

In a modern nation, a variety of administrative entities, including national and local public authorities as well as others, are connected in some way to civic society. People are inevitably interested in activities by such entities and the results of their actions, and disputes can sometimes occur between the administration and civic society. Methods to settle such disputes include negotiations, filing of complaints, administrative appeals and litigation, civil action, claiming of state compensation, and others. Legal practitioners are required to hear facts from the parties in disputes, determine the most appropriate dispute settlement action, and implement the settlement process to bring the case to final resolution. It is important to pay attention to similarities and differences in interpretations between administrative law, and civil and criminal law. It is also important to try to settle the disputes according to the principles of administration under a rule of law that centers on human rights protection.

Notable Cases and Publications

携わった主な訴訟

  1. 一般廃棄物(ごみ)処理業許可取消訴訟 競業者の原告適格を認める最高裁判決を得た。
  2. 任期付大学教官再任拒否訴訟 任期付大学教官が任期満了で再任されなかった事案についての再任拒否処分取消請求、地位確認請求訴訟
  3. 福井県カラ出張情報公開訴訟 裏金管理の帳簿・ノート類の情報公開請求につき文書不存在・決裁未了を理由としてなされた非公開決定につき最高裁で逆転勝訴した
  4. 同住民訴訟 カラ出張による損害につき元県知事に対して損害賠償代位請求をしたところ監査請求対象が特定されていないとして1・2 審で却下判決を受けたが、最高裁で特定に欠けるところはないとして地裁に差し戻され、その後差戻審で勝訴したが、控訴審で専決権者に対する指揮監督義務違反がないとして逆転敗訴。
  5. その他、情報公開訴訟、住民訴訟、土地区画整理法に基づく仮換地指定処分取消訴訟、自動車運転免許取消処分取消訴訟、廃掃法に基づく産業廃棄物処理業許可取消処分取消訴訟・一般廃棄物処理業許可取消訴訟、分限免職処分取消訴訟、ガス事業法に基づく簡易ガス事業不許可処分取消訴訟等多数

主な論文、著書など

  1. 論文「入札に関する争訟」(「現代行政法講座Ⅳ自治体争訟・情報公開争訟」第1部第6章所収、日本評論社、平成26年3月)
  2. 共著「行政訴訟の現状の問題点と改革の方向性」(月刊司法改革19号8頁、平成13年4月)、共著『市民のための行政訴訟制度改革』(信山社、平成12年5月) いずれも行政訴訟の現状の問題点と改革の方向性について検討した。
  3. 論文「裁判官会同・協議会と裁判行動」(法社会学43号55頁、平成3年4月)、「行政事件における裁判官会同・協議会」(法律時報62巻9号、平成2年9月)いずれも最高裁判所が主催する裁判官会同・協議会が現実の行政裁判に与える影響について分析した。