Professor Shunji Miyama

Area and Subject Taught Intellectual Property Law (Lectures and Practice), Code of Civil Procedure (Practice)
Legal Issues I am Interested in Legal Issues in Correlations of Various Laws Related to Information as Key Words. Especially Research and Practical Handling of Unfair Competitive Cases that Have Not Been Developed in Terms of Information
Academic Degrees Graduate School of Law, Chuo University
Office Phone Number Not Public
e-mail Not Public

Overview of Areas of Specialization

I mainly deal with cases concerning violations of intellectual property rights, including patents, utility models, designs, and trademarks, as well as copyrights or the Unfair Competition Prevention Act. I also handle contracts and legal consultations related to above. In addition, I sometimes handle cases relating to broadcasting and the Antimonopoly Act.
In the process of our legal practice, we sometimes encounter cases that are undeveloped, and we cannot help groping our way to settlement. however, I am interested in those cases, and naturally requests have been increasing. Now my main work is cases related to abovementioned areas.
These days, disputes are increasing in the area of digital and networking technology. Revisions are being made to laws in these areas almost every year, litigation is being processed quickly, and case decisions worthy of attention are increasing in number. And furthermore it is not rare to handle cross-border cases. Many interesting issues are sure to appear in this field in the coming years, and it is a worthwhile area of legal practice to engage in.

Notable Cases Publications

 携わった事件で新聞や判例集あるいは評釈の対象となった訴訟事件は、多く、逐一あげることは差し控えさせて頂きます。
 最近の著書としては「新・注解商標法<上下巻>」(小野昌延博士と共著編・2016年10月青林書院より発刊)「事例から考える特許法」(編著・2013年12月法学書院より発刊)「新・商標法概説[第2版]」(小野昌延博士と共著・2013年3月青林書院より発刊)「著作権法要説 実務と理論[第2版]」(松村信夫弁護士と共著・2013年3月世界思想社より発刊)、「ロースクール演習 知的財産法」(共著・2009 年4 月法学書院より発刊)があります。ここ数年に限った論文には次のものがあります。「実用品デザイン(応用美術)の保護範囲(創作部分の抽出の有り様と類否判断について)-TRIPP TRAPP事件-」(知財管理VOL.66No.3(2016年))/「第4章 著作隣接権89条,著作権等管理事業法 第3章 業務15条・17条」(著作権法コンメンタール3 第2版〈勁草書房〉(2015年))/「結合商標の類否判断~結合商標の類否判断に関する最高裁判所判決の射程~」(現代知的財産法 実務と課題 飯村敏明先生退官記念論文集〈発明推進協会〉(2015年))/「特許審決取消判決の分析~事例からみる知財高裁の実務~ 第1章 進歩性(機械・電気・その他)」(共同執筆・別冊NBL No.148(2015年))/「営業表示・商号の保護を受けるための実務上の対応はどのようにあるべきか」(知財管理Vol.64 No.9(2014年))/「ノックダウン生産につき特許権の直接侵害を認めた事例」(共同執筆・CIPICジャーナルVol.220(2014年))/「応用美術の著作物の保護」(「知的財産訴訟実務大系Ⅲ」〈2014年青林書院〉)/「分冊の著作者名表示および遺稿の補訂による二次的著作物性」(L&TNo.62(2014年))「侵害行為の是正と執行に関する問題—差止めの制限と権利濫用に関して—」(別冊パテントVol.66(2013.別冊第10号))/「著作権法14条に関する著作者の認定をめぐる一考察(牧野利秋先生傘寿記念「知的財産権—法理と提言—」<青林書院>)/「インターネットショッピングモール出店者の商標権侵害につき、モール運営者は商標権侵害責任を問われるか—Chupa Chups事件—」(知財管理Vol.62 No.12(2012年))「商標法における無効の抗弁とダブルトラック」(別冊パテントVol.64第7号(2011年))/「最近の裁判例に見る特許法102条各項の適用問題(村林隆一先生傘寿記念「知的財産権侵害訴訟の今日的課題<青林書院>)「特許侵害差止仮処分事件において秘密保持命令の申立てが許されるとした最高裁決定」(知財管理Vol.60 No.4(2010年))/「商標の類似と取引実情」(L&T 4月号(2010年))/「104条の3の抗弁を巡る実務上の幾つかの検討点—ダブル・トラックの是非論に関連して—」(別冊パテント Vol.63(2010. 別冊第2号))/「本質的特徴を感得できない要約」(著作権判例百選(第4版)別冊ジュリスト No.198)/「真正商品の無断詰め替え再包装(リパック)・小分けと商標権侵害の成否—ハイ・ミー刑事事件」「流派名称の保護—音羽流事件」(小野昌延先生喜寿記念「知的財産法最高裁判例評釈大系」〈青林書院〉)など。