Professor Shin-ichi Kusaka

Area and Subject Taught Civil Procedure
Research Theme(s) Procedure in Appeal Court, ADR, Legal service
Academic Degrees Master (Law), KEIO University
Keywords for Research Field Judicial systems, Civil Procedure, ADR
Office Phone Number 81-75-705-1564(Law School Office)
e-mail Not Public

Research Overview

Subjects of research are as follows:

  1. Appeal Limitation in Civil Procedure;
  2. Distinctiveness of ADR
  3. Judicial access in local area.

Notable Publications and Works

法科大学院クリニックにおける取組の特性(2),法曹養成と臨床教育/6, 111, 2013.11
条文から見る司法試験―司法試験法は何を求めているのか。(法科大学院の論点第17回)、法学セミナー/686,2012.03.
「法科大学院における共通的な到達目標」への取組みについて-民事訴訟法-より合理的な科目間連携の試み、神山法曹雑誌 /2,87 2011.03
民事上告審における職権破棄の裁量性について、産大法学 44/4,25 2011.02
法テラスによる民事司法アクセスの拡充(特集 ポスト「ゼロ・ワン」時代の司法過疎対策に学ぶ)(共著)、法学セミナー /673,7 2011.01
交差型附帯上告・附帯上告受理申立の可否について、経営実務法研究 2009.04
ミニシンポジウム「法科大学院教育と実務経験」、香川法学 2008.06
民事訴訟の計量分析(続)、商事法務 2008.02(共著)
中四国法政学会シンポジウム「日本司法支援センターの現状と課題」、香川法学 2007.06
国際公証における公証人の義務と責任、比較法研究 2003
裁判外紛争処理機関としての公的オンブズマン制度について、日本法政学会法政論叢2000
複数の第三債務者に対する債権差押命令の個数について、日本法政学会法政論叢 1995
公証人の職務拒絶に対するドイツ連邦公証人法15 条による不服申立手続について、公証法学 1993