Professor Ku Seunghwan

Area and Subject Taught Innovation Management
Research Theme(s) Innovation Systems and Linkages of Product development, R & D, Operation, Logistics and IT. Globalization and Competitive Strategy in R & D and Manufacturing Operation
Academic Degrees Doctor of Economics, Tokyo University
Keywords for Research Field Innovation Management, Knowledge Management,Product Development, Supplier System
Office Phone Number 81-75-705-1787
e-mail

Research Overview

  1. Research and development systems, technology development system, and mechanisms of knowledge transfer in Automobile Industrial Network
  2. The Change of Product architecture and the dynamics of inter-organization relations
  3. Effective use of IT in product development and Service Organization
  4. The transformation of manufacturing into services, and of services (especially medical services) into manufacturing

My Research fields include automobiles and auto parts, shipbuilding, hospitals, and so on.

Notable Publications and Works

  1. 「第2章.グローバル生産ネットワークのリデザインとインテグレーション—生産・調達・開発のリンケージとしてのロジスティクス戦略の再考—」(p.53-82)、「第8章.新しいリージョン・産業集積地における複合リンケージSCM戦略—メキシコ自動車産業と日系サプライヤーの事例から読み解く—」(pp.227-260)清晌一郎編著『日本自動車産業の海外生産・深層現調化とグローバル調達体制の変化—リーマンショック後の新興諸国でのサプライヤーシステム調査結果分析—』、社会評論社、2017.
  2. 「現代自動車グループのモジュール生産戦略の展開とその特徴」『研究技術計画』Vol.30, No.3, 201-216, 2015年12月.
  3. Chapter 9. The rise of the Korean Motor Industry, Paul Nieuwenhuis & Peter Wells (eds.) The Global Automotive Industry. Wiley; London, 2015.
  4. 「韓国自動車産業の成長と地域産業」『東北学園大学論集』第5号、42-60、2014年6月.
  5. 「研究ノート:現代自動車の成長とその要因分析に関する試論」『京都マネジメントレビュー』第24号, 113-133, 2014年3月.
  6. 「現代自動車のグローバル競争戦略」『JMC Journal』16-26, 2014.1月.
  7. 「日韓競争力転換のメカニズム−造船産業の事例−」『組織科学』第46巻, 4-18, 2013.(共著)
  8. 「技術至上主義の幼からの脱却で日本の電機産業の復活を狙う!」『電機連合NAVI』16-21, 2013.1.
  9. 「船舶開発と造船産業-大型人工物の制約とビジネス・システムの不確実性」『「人工物」複雑化への挑戦-設計立国日本の産業競争力』有斐閣、2013年.(共著)
  10. 「日本企業の競争力の変貌と開発現地化問題の本質」『京都マネジメントレビュー』第22号, 89-110, 2012年
  11. 「日本の造船産業における企業競争力の変動とその要因分析−国際競争構図の変化と新たな取り組み−」朴ソンジュ他編著『韓日産業競争力の比較』韓国学術情報、ソウル(共著:韓国語)、2013年.1月.
  12. 『ICTイノベーションの革新分析』ミネルヴァ書房、2012年.(共編著;第4章、終章)
  13. 「造船産業の競争構図の変容と雁行形態論・塩路モデルの再検討」『アジア経営研究』 No.18、129-142.(共著)
  14. 「トヨタのR&D垂直系列化と協働的研究開発システム」『京都マネジメントレビュー』第19号, 105-129.
  15. 『コアテキスト 経営管理』新世社,2008年(共著).
  16. 『製品アーキテクチャのダイナミズム』ミネルヴァ書房,2008年.
  17. 「病院組織におけるサービス向上の取り組み」藤本隆宏+ものづくり経営研究センター編著『ものづくりの経営学』第3部第6章,光文社,2007年.(共著)
  18. 「病院組織における情報技術の導入と組織変革、その効果分析-洛和会ヘルスケアシステムの電子カルテ導入事例-」『日本経営学会誌』第18号,3-16,2006年.(共著)
  19. 「知識獲得経路としての合併とその成功要因-カルソニック・カンセイ社の合併プロセスとモジュール化戦略-」『日本経営学会誌』第17号,15-28,2006年.
  20. 「自動車産業におけるモジュール化のテクノロジー・ドライバ- Mazda のモジュール開発事例を中心に-」『産業学会研究年報』19,59-68,2004年.
  21. Exploring the Causal Model of 3D-CAD Technology: Interfirm Communication and Product Development Performance in Japanese Automobile Parts Industry. Annals of Business Administrative Science , 3(1), 1-14,2004年.
  22. 「アジア通貨危機前後の韓国自動車産業における部品調達構造の変化」『京都マネジメント・レビュー』第4号,63-82,2003年.(共著)
  23. 「 自動車部品産業における3次元CAD 技術の導入とその影響- 3次元CAD技術,企業間コミュニケーション,開発成果,その因果モデルの探索-」『組織科学』37(1),68-81,2003年.
  24. 「日本の自動車産業におけるモジュール化の動向と協業開発プロセスに関する一考察-製品アーキテクチャの階層性と知識の統合化の視点からの実証分析-」『日本ロジスティックシステム学会誌』3(1),43-58,2002年.
  25. 「知識統合化プロセスとしてのモジュール化-日本の自動車におけるモジュール化に関する実証分析-」『経済学研究』第44号,13-26,東京大学経済学研究会,2002年.
  26. 「自動車産業におけるモジュール化:製品アーキテクチャ‐生産システム‐ 企業間システムの複合ヒエラルキー」藤本隆宏・青島矢一・武石彰編著『ビジネス・アーキテクチャ』第4章,有斐閣,2001年.(共著)