Associate Professor Yusuke Ibuki

Area and Subject Taught Corporate Communications
Research Theme(s) Strategy and Organization of Advertising Agencies, Corporate Communications
Academic Degrees Master of Economics, Kyoto University
Keywords for Research Field Management Science, Theory of Business Strategy,
Advertising Industry, Corporate Communications
Office Phone Number 81-75-705-1766
e-mail

Research Overview

Most organizations in society today manage their relationships with stakeholders through a wide variety of communication activities. For the corporate communications of large companies especially, close cooperation with advertising agencies is indispensable.
Companies naturally seek out advertising agencies whose strategies and organization are efficient and effective. Unfortunately, little research has yet been done on this subject.
I personally rely on business-strategy theory, organizational theory, inter-organizational relationship theory, innovation management theory, and the like, pursuing research to ask how advertising-agency strategies and organizations are formed, and how they become effective and efficient. Recently, I have focused on management of advertising creative work, asking how organizations and their systems can be created that can generate large volumes of excellent advertisements.
For those who request my guidance on the research, they can focus on their own areas of interest, viewing issues about communications from the standpoints of business strategy and organizational theory.

Notable Publications and Works

<主要著書>

  • 伊吹勇亮・木原麻子(編著)(2017)『課題解決型授業への挑戦 —プロジェクト・ベースト・ラーニングの実践と評価—』ナカニシヤ出版.
  • 水野由多加・妹尾俊之・伊吹勇亮(編著)(2015)『広告コミュニケーション研究ハンドブック』有斐閣.
  • 伊吹勇亮・川北眞紀子・北見幸一・関谷直也・薗部靖史(2014)『広報・PR論 —パブリック・リレーションズの理論と実際—』有斐閣.
  • 伊多波良雄・横山勝彦・八木匡・伊吹勇亮(編著)(2011)『スポーツの経済と政策』晃洋書房.

<主要論文>

  • 伊吹勇亮(2017)「広報人材育成研究のための前提整理」『京都マネジメント・レビュー』第30号, 19~27ページ.
  • 伊吹勇亮(2015)「PRエージェンシーへの入社経緯と広報専門職のキャリア形成」『京都マネジメント・レビュー』第26号, 59~70ページ.
  • 伊吹勇亮・木原麻子(2015)「課題解決型授業の受講経験と就職活動における内定状況との関係」『高等教育フォーラム』第5号, 1~10ページ.
  • 相原正道・伊吹勇亮(2014)「トップ・アスリートへのセカンド・キャリア支援 : JOCのセカンド・キャリア支援策を中心に」『福山大学経済学論集』第38巻第1・2号, 75~88ページ.
  • 伊吹勇亮・松尾智晶・後藤文彦(2014)「課題解決型授業における満足度と教育成果との関係」『高等教育フォーラム』第4号, 9~16ページ.
  • 伊吹勇亮(2013)「PR エージェンシーにおける広報専門職のキャリア形成—定量調査単純集計分析を中心に—」『京都産業大学総合学術研究所所報』第8号, 93-101ページ.
  • 川村洋次・川戸和英・佐藤達郎・伊吹勇亮(2013)「トップ・クリエイターにとっての望ましいクリエイティブ・マネジメントに関する国際比較研究」 『広告科学』 第58集, 23-41ページ.
  • 川北眞紀子・伊吹勇亮・薗部靖史(2013)「地域特有のメディア環境における企業の広報活動 —中部エリアの企業の企業特性とメディア・リレーションズ活動の関係—」『中部大学経営情報学部論集』第27巻第1・2号, 83~100ページ.
  • 伊吹勇亮・川北眞紀子・薗部靖史(2013)「「リアリティ番組型イベント」による地域の魅力発信 —「あいちの離島80日間チャレンジ!」の考察—」『中部大学産業経済研究所紀要』第23号, 1~23ページ.
  • 伊吹勇亮(2012)「PR エージェンシーにおける広報専門職のキャリア形成に関する探索的研究」『京都産業大学総合学術研究所所報』第7号, 21-31ページ.
  • 川戸和英・伊吹勇亮・川村洋次・妹尾俊之(2011)「広告クリエイティブ・マネジメントの成功要因と組織能力の探求」『広告科学』 第54集, 99-115ページ.
  • 神吉直人・長内厚・本間利通・伊吹勇亮・陳韻如(2008)「台湾の国防役制度と産業競争力—台湾IT産業におけるエンジニアの囲い込み—」『赤門マネジメントレビュー』第7巻第12号, 859-879ページ.
  • 相原正道・石井智・伊吹勇亮(2007)「企業におけるCSR戦略とスポーツ —企業広報の視点から—」『広報研究』第11号, 32-42ページ.
  • 伊吹勇亮(2006)「組織システムとしてのアカウント・プランニング:広告会社の競争優位確立戦略」『広告科学』第47集, 101-112ページ.
  • 伊吹勇亮(2006)「大学におけるスポーツ広報の新潮流」『広報研究』第10号, 107-118ページ.