Professor Kazuhide Uemura

Area and Subject Taught History of Political Ideas
Research Theme(s) Comparative Studies in Nationalism
Academic Degrees Bachelor of Laws
Keywords for Research Field Study on Nationalism, Politics, History of Ideas
Office Phone Number Not Public
e-mail

Research Overview

I am doing research in nationalism. "Nationalism" is a concept/word that can be variously translated into Japanese as kokumin-shugi, kokusui-shugi, minzoku-shugi, and kokkashugi.
T he main regions my research addresses are Germany, Eastern Europe, and Japan. My current research themes are issues of German minority groups in Eastern Europe and the various aspects of the nationalism in Showa-Period Japan (1926-1989). I have been studying the fates of German minorities in Eastern Europe during the upheavals of the 20th century, and how that affected the national state of "Germany." During the course of my studies, I came to feel it was necessary to compare such issues with similar issues in Japan, and I have shifted the focus of my research. At present, I am focusing on the various aspects of the nationalism during the Showa Period in Japan in terms of the changes in the nation of "Japan". To aid my research, I often refer to the works of Masao Maruyama, Kiyoshi Hiraizumi, Muneki Minoda, and Kyoto-School scholars. I am trying to uncover specific characteristics of Japan's case in their analyses and proposals.

Notable Publications and Works

  1. 植村和秀「ナショナリズム入門」、講談社現代新書、2014年。
  2. 佐藤卓己・渡辺靖・柴内康文編「ソフト・パワーのメディア文化政策—国際発信力を求めて」、新曜社、2012年。(共著)
  3. 植村和秀「日本のソフトパワー—本物の〈復興〉が世界を動かす」、創元社、2012年。
  4. 木村雅昭・中谷真憲編「覇権以後の世界秩序―海図なき時代と日本の明日」、ミネルヴァ書房、2012年。(共著)
  5. 野上元・福間良明編「戦争社会学ブックガイド―現代世界を読み解く132冊」、創元社、2012年。(項目担当)
  6. 富沢克編「「リベラル・ナショナリズム」の再検討―国際比較の観点から見た新しい秩序像」、ミネルヴァ書房、2012年。(共著)
  7. 河原祐馬・島田幸典・玉田芳史編「移民と政治―ナショナル・ポピュリズムの国際比較」、昭和堂、2011年。(共著)
  8. 植村和秀「昭和の思想」、講談社選書メチエ、2010年。
  9. 芹沢一也・荻上チキ編「日本思想という病」、光文社、2010年。(共著)
  10. 植村和秀「「日本」への問いをめぐる闘争―京都学派と原理日本社」、柏書房、2007年。
  11. 望田幸男編「近代日本とドイツ―比較と関係の歴史学」、ミネルヴァ書房、2007年。(共著)
  12. 河原祐馬・植村和秀編「外国人参政権問題の国際比較」、昭和堂、2006 年。(編著)
  13. 玉田芳史・木村幹編「民主化とナショナリズムの現地点」、ミネルヴァ書房、2006年。(共著)
  14. 竹内洋・佐藤卓己編「日本主義的教養の時代―大学批判の古層」、柏書房、2006年。(共著)
  15. 植村和秀「丸山眞男と平泉澄―昭和期日本の政治主義」、柏書房、2004年。
  16. 木村雅昭・廣岡正久編「国家と民族を問いなおす」、ミネルヴァ書房、1999年。(共著)
  17. 野田宣雄編「よみがえる帝国―ドイツ史とポスト国民国家」、ミネルヴァ書房、1998年。(共著)
  18. ジョージ・モッセ「フェルキッシュ革命―ドイツ民族主義から反ユダヤ主義へ」、柏書房、1998年。(共訳)