Professor Goro Toda

Area and Subject Taught International Law
Research Theme(s) Immigration Control and Asylum Policy in Europe
Academic Degrees Master of Laws, Kyoto University
Keywords for Research Field International Human Rights Law, European Convention on Human Rights, Asylum Policy
Office Phone Number 81-75-705-1858
e-mail

Research Overview

Based on the derogation provisions (which are set out to suspend national obligations to secure human rights in emergencies) in human rights treaties, my research covers human rights protection issues in emergencies arising from confrontations between international human rights standards and national sovereignty. In addition, I have been reviewing the motives for policymaking existing behind the interpretation and application of international standards by organizations responsible for enforcement of human rights protection. Such review was primarily made based on the human rights cooperation in the framework of the European system for the protection of human rights. In recent years, I have also been researching the formation process of immigration control and asylum policies in Europe, which are now developing in parallel with the abolition of internal passport controls following the Maastricht Treaty.

Notable Publications and Works

  1. 「EUにおける国際的保護」、2014年、法律時報1078号所収
  2. 「欧州人権裁判所の欧州人権条約解釈再考-仮保全措置の拘束力に関する判断を素材として」、2011年、芹田・戸波・棟居・薬師寺・坂元(編集代表)『講座 国際人権法4 国際人権法の国際的実施』(信山社)所収
    :欧州人権裁判所が人権の「欧州共通標準」の同定にあたり依拠するという締約国の「コンセンサス」の内実について、関係裁判を素材として検討。
  3. 「 非国家機関による迫害と難民の保護-英国判例と欧州人権条約を素材として-」、2006 年、浅田正彦(編)『二一世紀国際法の課題』(有信堂)所収
    :難民の国際的保護の中核をなす「送還禁止(ノン・ルフールマン)の原則」の適用について生じている今日的問題についての検討。
  4. "「 緊急事態と刑事手続の公正-人権条約のderogation 条項を主な素材として-」、2002 年、産大法学35 巻3・4 号
    :人権諸条約における、公正な裁判を受ける権利等手続的権利の国家緊急事態における保障可能性についての検討。
  5. 『 図説国際法』(共著)、1998 年、有斐閣
    :図表を用い視覚に訴えることを狙った教科書。
  6. 「 欧州の多国間人権政策に関する試論-少数者保護を拠り所として-」、1998 年、姫路法学23・24 合併号
    :欧州審議会の少数者保護枠組み条約成立を巡る人権政策の検討。
  7. 「 ヨーロッパ人権条約とトルコの地位-ヨーロッパ人権条約第25 条に基づくトルコの宣言及びその有効性に関するヨーロッパ人権委員会の判断を素材として-」、1992 年、国際法外交雑誌91 巻5 号
    :欧州人権条約当事国でありつつ特殊の地位を要求するトルコの立場の条約との整合性を検討。