Professor Go Takida

Area and Subject Taught Asian Political History
Research Theme(s) Politics of China, Rural Society of China
Academic Degrees Master of Law, Kyoto University
Keywords for Research Field China, rural society, Democratization
Office Phone Number Not Public
e-mail

Research Overview

  1. Characteristics of the nation-building in China, comparing with the Western model.
  2. The politics of rural China. The state-building in rural China, the village committee election, social problems of rural China.
  3. The political debate among the Chinese intellecturals. In particular, a dispute of“ the new lefts” vs.“ libelals”. The Understanding of Chinese intellectials about the Western theory, liberalism, Democracy, Postmodernism, and so on.

Notable Publications and Works

  1. 「中国『新左派』の民主化論――王紹光を中心に――」『産大法学』43/3-4、2010 年2 月(天安門事件直後の体制への敵対から、近年の体制の称賛への変化とその背景)
  2. 「中国における民主主義観の対立――リベラリズムとポピュリズム――」島田幸典・木村幹編『ポピュリズム・民主主義・政治指導』ミネルヴァ書房、2009 年(「自由主義者」が「新左派」を「ポピュリズム」と批判することの問題点)
  3. 「『村民自治』の衰退と『住民組織』の行方」黒田由彦・南裕子編『中国における住民組織の再編と自治への模索――地域自治の存立基盤――』明石書店、2009 年(「党政社合一」体制の弊害による住民組織の弱体化)
  4. 「『村民自治』の論理と中国の民主化」玉田芳史・木村幹編『民主化とナショナリズムの現地点』ミネルヴァ書房、2006 年(「村民自治」は民主化につながらない)
  5. 「中国農村における公共性の危機――基層政権の『不良債権化』と『企業化』――」『日中社会学研究』13、2005年( 農村基層政権の変化がもたらした公共性の空洞化)
  6. 「上海近郊農村における村政府の性格」石田浩編『中国農村の構造変動と「三農問題」―上海近郊農村実態調査分析―』晃洋書房、2005 年(村幹部の営利性と財政の 私人性)
  7. 「中国研究における『国家と社会』概念の再検討」『法学論叢』153/3、2003 年6 月(中国の国家・社会関係は遊離でも浸透でもなくグラデーションである)