Professor Shigeki Nakayama

Area and Subject Taught Constitutional Law
Research Theme(s) Law and bioethics
Academic Degrees LL.M., Kyoto University
Keywords for Research Field Constitutional Law, Bioethics, Rights
Office Phone Number Not Public
e-mail

Research Overview

  • Ethical, legal and social issues (ELSI) on medical research and technology
  • Constitutional limits of governmental regulations on medical care and research
  • Constitutional process of social decision-making about science and technology

Notable Publications and Works

  1. 『憲法Cases and Materials 人権 第2版』(2013年、有斐閣)(初宿正典・大石眞編の共著)
  2. 「小児の臓器移植の法理論」甲斐克則編『医事法講座第6巻 臓器移植と医事法』(信山社、2015年)207頁
  3. 「研究倫理審査と憲法—学問の自由の観点から」岩瀬徹ほか編集代表『町野朔先生古稀記念 刑事法・医事法の新たな展開[下巻]』(信山社、2014年)23頁
  4. 「臨床研究と学問の自由」曽我部真裕・赤坂幸一編『大石眞先生還暦記念 憲法改革の理念と展開 下』(信山社、2012年)235頁
  5. 「生命倫理における民主主義と行政倫理指針」「ヒト胚研究の倫理と法—憲法学の視点から」青木清・町野朔編『医科学研究の自由と規制—研究倫理指針のあり方』(上智大学出版、2011年)161頁、228頁
  6. 「妊娠中絶の権利は『自己決定権』か—公私区分の一断面」大石眞ほか編『初宿正典先生還暦記念論文集 各国憲法の差異と接点』(成文堂、2010年)495頁
  7. 「生体移植と『患者の自己決定権』」城下裕二編『生体移植と法』(2009年、日本評論社)55頁
  8. 「科学技術と民主主義—憲法学から見た『市民参加』論」初宿正典ほか編『佐藤幸治先生古稀記念論文集 国民主権と法の支配 上』(2008年、成文堂)79頁