Associate Professor Atsushi Masui

Area and Subject Taught Criminal Law
Research Theme(s) Theory of Criminal Responsibility for Collective Action
Academic Degrees Master of Laws, Kyoto University
Keywords for Research Field Criminal Law, Complicity, Collective Responsibility
Office Phone Number 81-75-705-2942
e-mail

Research Overview

A point of departure of my research is recognition that conventional theories of criminal law which target only an individual action has failed to understand criminal responsibility for collective action. I consider what an appropriate theory of criminal responsibility for collective action is. Concretely, I ask the reason why a participant in a cooperated crime is responsible for the result of which he or she is not the immediate cause, and to what extent such responsibility is applicable. I focus on ideas of relational individuals and relational responsibility to approach those questions Through my research, I aim to achieve the following: (1) to deepen understanding of the structure of collective actions, as a factual base for normative argument, while referring to the results of empirical sciences; (2) to draw more attention to the idea of relational responsibility to define criminal responsibility of individuals based on facts;and (3) to demonstrate that the theory of relational responsibility is effective in settling interpretative problems of criminal substantive law, especially about a crime by mob of rioters or an organized crime.

Notable Publications and Works

「騒乱罪の構成要件について――いわゆる「共同意思」要件を中心に(1)・未完」産大法学40巻2号1-20頁、2008年。(概要:騒乱罪の法的構造について、本文構成要件行為説、各号構成要件行為説、本文各号構成要件行為説を比較検討し、本文各号構成要件行為説が妥当であることを示したうえで、いわゆる「共同意思」要件について、判例・学説を批判的に検討し、騒乱罪における個人帰責は明示的な意思連絡のない状況下で一部実行全体責任の法理がいかにして基礎づけうるのかという原理的問題を説明しなければならないことを指摘した。)

「暴行罪における暴行概念と傷害致死罪」産大法学40巻3号1-32頁、2007年。(概要:暴行の概念を、人の「身体的領域の物理的侵害」と定義しつつ、暴行罪に含まれる暴行には、結果的加重犯の基本犯となりうるものと、なりえないものが存在するとの分析を示した。従来の判例・通説に反対して、暴行の故意でなされた暴行の結果、重い死傷結果が生じても、それが結果的加重犯の基本犯とはなりえない暴行から生じた場合には、結果的加重犯ではなく、暴行罪と重過失致死傷罪の観念的競合として扱うべきであると論じた。)

「暴力団組長である被告人が自己のボディーガードらの拳銃等の所持につき直接指示を下さなくても共謀共同正犯の罪責を負うとされた事例について」産大法学40巻2号94-119頁、2006年。(概要:表題の最高裁平成15年5月1日決定について、直接手を下さない者の共同正犯成立根拠とその要件を検討した。特に、従来の判例を再検討した結果、共同正犯成立要件の一つとされてきた「共謀」は、共謀形成行為ではなく、共謀状態すなわち集団の一体性の存在を意味していたことを前提として、本事案において「共謀」要件の充足を認めうるかを詳細に検討した。)

「集合的行為の刑事責任に関する予備的考察(1)~(2・完)」法学論叢157 巻1 号55 -84 頁、2005 年、法学論叢157 巻2 号、48 - 73 頁、2005 年。(概要:集合的行為は、集団自体あるいは集団を構成する個人には還元し尽くせない社会的事象であること、その刑事責任は、集団と個人の関係、とりわけ、集合的行為における自己概念の変容という事実的基礎をもとに論じられるべきことを明らかにした。)