Professor Cen Zhiwei

Area and Subject Taught Chinese Economic Theory
Research Theme(s) The theoretically and empirically analysis of the economic growth of China
Academic Degrees Doctor of Economics, Kyoto University
Keywords for Research Field Economic Growth, Rent Seeking, Corruption
Office Phone Number Not Public
e-mail

Research Overview

The purpose of this research is to theoretically and empirically analyze influences of the government, state (public) companies, and monopoly companies on economic growth by taking the Chinese economy as a research object and applying the Rent-Seeking problem (public economics), which seems to exist as an actuality in economic activities, to the growth models (endogenous growth theory) of R&D investment and public expenditure. Discussion on the research is based on the following concerns. If companies insist on their own success and profit in economic activities of R&D investment and public expenditure by means of a political measure (Rent-Seeking) exploiting market imperfection, the effect on long-term growth to be exerted by the R&D investment and public expenditure will be limited. Furthermore, governmental policies such as taxation and subsidy may not effectively function, resulting in unfair distribution of productive resources, which will adversely affect long-term growth. When we consider that the problems are more or less present in economic activities, this research will be able to provide an important message to society in practical ways.

Notable Publications and Works

  1. 大坂仁・岑智偉「中国の労働移動に関する一考察−2002年世帯調査データによる実証分析−」『中国経済研究』第10巻第1号、pp.70-pp.81、2013年3月。
  2. 岑智偉「国際関係のカタストロフィー現象とその解釈」『京都産業大学世界問題研究所紀要』第28巻、pp.347-pp.358、2013年2月。
  3. 岑智偉「中国の経済成長の現状と課題」安田信之助編著『現代国際経済論』八千代出版、pp.63-pp.74、2012年11月。
  4. 岑智偉「中国の経済成長戦略とグローバル経済」木村雅昭/中谷真憲 編著『覇権以降の世界秩序』ミネルヴァ書房、pp.129-pp.137、2012年3月。
  5. 徐麗梅・岑智偉・王振「上海の不動産価格の変遷とその要因」ICSEAD 調査報告書11-02『中国都市部の不動産バブルの発生メカニズム』(財)国際東アジア研究センター、pp. 1-pp.17、2012年3月。
  6. 岑智偉「Rent−Seeking活動を伴う公的支出による成長モデル」『経済論叢』(京都大学)第185卷第1号、pp.61-pp.83、2011年1月。
  7. Zhiwei Cen and Junko Doi “ A Variety Expansion Model of Growth with Rent Seeking Activities ” ORC中国経済プロジェクト研究成果報告書『中国経済の市場化・グローバル化(第2巻)』京都産業大学、pp.41-pp.64、2008年3月。
  8. 岑智偉・鈴木博人「中国地域経済発展における税効果」ORC中国経済プロジェクト研究成果報告書『中国経済の市場化・グローバル化(第2巻)』京都産業大学、pp.65-pp.93、2008年3月。
  9. Kota Sugahara, Zhiwei Cen and Junko Doi “ Are they keeping up with Tokyo? ” Faculty of Economics, Kyoto Sangyo University DISCUSSION PAPER SERIES 2008-4、pp. 1-pp.26、2008年4月。
  10. 岑智偉「中国公共支出と経済成長に関する理論分析」ORC中国経済プロジェクト研究成果報告書『中国経済の市場化・グローバル化』京都産業大学、pp.115-pp.149、2006年3月。
  11. 岑智偉「直接投資による中国経済発展への効果」京都産業大学ORC中国経済プロジェクト編『中国経済の市場化・グローバル化』晃洋書房、pp.169-pp.221、2006年12月。
  12. 岑智偉「中国公共支出と経済成長に関する理論分析」京都産業大学ORC Discussion Paper シリーズ No.CHINA-09、pp.1-pp.34、2005年3月。
  13. 岑智偉「レント・シンキングを伴う中国のR&D投資と長期成長」『京都産業大学論集』(社会科学系列)第21号、pp.105-pp.136、2004年3月。
  14. 岑智偉「Rent-Seeking を伴う長期成長の可能性と経済政策効果 」京都産業大学ORC Discussion Paper シリーズ No.CHINA-05、pp.1-pp.50、2003年3月。
  15. 岑智偉(翻訳)「規模の経済、不完全競争と国際貿易」吉田和男監訳『クルーグマン国際経済学』(第6章)エコノミスト社、pp.155−pp.207、2002年3月。
  16. 岑智偉「Rent-Seekingを伴う中国のR&D投資と長期成長」京都産業大学ORC Discussion Paper シリーズ No.CHINA-01、pp.1-pp.36、2004年2月。
  17. 岑智偉「予測し難い中国経済—中国経済成長の持続可能性を中心に」吉田和男編『日本経済再生の条件』シュプリンガー・フェアラーク東京、pp.196-pp.210、2002年12月。
  18. 岑智偉・吉田和男「Rent-Seeking、R&Dと長期持続経済成長−「余裕」活動を伴う1部門R&D成長モデル」Working Paper No.J-11, Faculty of Economics, Kyoto University、1999年。
  19. 岑智偉「Rent-Seeking、公的支出と長期持続経済成長−「余裕」活動を公的支出による成長モデル」Discussion Paper No.980102, 立命館DPシリーズ、1999年。