教育研究上の目的

 自然と人間が調和して,永続的に発展することを目的とする科学と技術を求める知的環境のもと,高度な専門知識と技術,応用力を備えた人材の養成を目的とする。

生命システム学科

 生命科学の知識・情報をもとに,分子・細胞・組織・個体レベルにおける生命活動を統合的に理解することにより,統合システムとしての生命に対する深い基礎知識に根ざし,応用力・実践力の伴った人材の養成を目的とする。

生命資源環境学科

 遺伝学,生態学,生物環境学等マクロな視点からの生物学の基本的理解に加え,育種学や資源開発利用学等応用的な学問を身に付け,生命資源の活用戦略を創造できる人材の養成を目的とする。

動物生命医科学科

 バイオに関する基本的理解に加え,動物医科に関する専門知識を身に付け,動物実験等を通して各種医薬品等の果たす機能の解析,環境問題,食品の安全等に関する業務に携わる人材の養成を目的とする。

 
PAGE TOP