辻井 芳樹(ツジイ ヨシキ)

職名 教授
専攻分野 確率論、解析学における計算可能性
個人Webサイト
取得学位 理学博士(広島大学)
今年度の担当科目 数理科学特別研究I、数理科学特別研究II、確率・統計、リスクの数理A、リスクの数理B、微分積分I、微分積分II
e-mail 非公開
サイエンス&テクノロジー掲載分PDF PDF(1565KB)

メッセージ

 大学の講義は高校までとは一味違います。初めは取っ付きにくい感じがするかも知れません。でもよく噛んでみると美味しさが分かります。
 今まで分からずにいたことが分かったと感激します。4年間で何度も感激出来れば素晴らしい経験になりますね。

これまでの4年生の特別研究(ゼミ)紹介

 特別研究では数理ファイナンスを扱います。ファイナンスでは、原資産(例えば株)と、原資産から派生した証券(例えばオプション)とは本質的に異なる取り扱いをします。

  1. 原資産(例えば株)は確率的に動くので、大数の法則が成り立つ世界の商品です。
  2. 原資産から派生した証券(例えばオプション)も確率的に動くのですが、無裁定の原則が成立する大数の法則とは異なる世界の商品です。
    ともに確率論の範疇ですが、異なる面が見られる興味深い理論が展開されます。この特別研究ではファイナンスをテーマに、確率論の2つの世界を見ることにしましょう。

研究のテーマ

 「数理ファイナンス」、「フラクタル」および「計算可能性数学」の研究をしています。

PAGE TOP