留学レポート

 2回生の秋からレッチェという町にあるサレント大学に10ヶ月留学していました。レッチェは「南イタリアのフィレンツェ」と呼ばれるほどバロックの有名な町です。留学中は日本にいるときよりも自由な時間が多く、イタリア国内だけでなく、ドイツ、スペインへも旅行に行くことができました。また、たまたま見つけた移民の人たちのために開かれているイタリア語の授業に通うなど、日本ではできない経験をすることができました。辛いこともありましたが、今となってはいい思い出です。おいしい料理、きれいな海、陽気な人々…こんな素敵な国に留学するチャンスをもらえたことにとても感謝しています。

 留学での様々な経験を通して、語学習得だけでなく、多くのものを得られることは間違いありません。イタリア語を学ぶ人たちにはぜひ留学に挑戦してもらいたいです。

 

中鋪 成美

PAGE TOP