留学レポート

 2006年4月から2007年1月までの約10ヶ月間、イタリア語専修の仲間7人と共にペルージャ外国人大学に留学しました。ペルージャは丘の上に建設された小さな都市で、ペルージャ外国人大学とペルージャ大学の2つの大学がある学生の街です。なので、大学ではイタリア語を学ぶ世界各国の学生と、ルームシェアのアパートではペルージャ大学に通うため一人暮らしをしているイタリア人学生と交流を深めることができました。街の中心地(チェントロ)を歩けば必ず知り合いに会える、そんなアットホームな街です。

 また、外国人大学の歴史ある校舎は貴族の邸宅を改装したものです。鏡が張られ、シャンデリアが吊るされた教室での講義は、日本では体験できない貴重なものでした。長期間イタリアに滞在することによって、言語だけでなく文化、芸術など様々なものに直に触れることができ、益々イタリアの魅力にひかれてしまいました。この留学経験を糧に今後もイタリア語、芸術などの勉強に励みたいと思います。

 

小池 真弓


PAGE TOP