通訳サポート事業参加の感想

イタリア語専修4年生 藤井 美法

 私は今回の事業に関われた事で、様々な人に出会え、普段行けないような場所や普通できない経験が出来た事に感謝したいです。 例えばデザイナーのニッコロさんとはこの仕事をしないと絶対知り合わなかっただろうし、京都府の方や商工会議所の方など、社会人の方と話をする機会はあまり無いのでとても有意義な経験でした。TASKの学生さんには校内を案内してもらい、清水焼団地の職人さんには、工房の中を見せていただきました。京都の伝統工芸の事を全く知らなかったので、私もくっついて色んな事を教えていただきました。また訳すために更に焼き物について調べたりし、知識を深めました。

 

 私は通訳サポートとして、一つのプロジェクトが進んでいく様を間近で見る事ができ、社会人になる前に本当に貴重な経験ができたと思います。3週間という短い滞在期間で、デザイナー2人とコラボ先とのマッチングをしてみないと何も始まらないような計画の中で、その都度その都度デザイナーとコラボ先、またコラボ先と京都府の方が連絡をとりスケジュールを変更したりと、その柔軟性の大切さを学びました。また、来日が決定してから日が無く、コラボ先の事も詳しく分からない状態でも、3週間できちんと結果を出したデザイナー2人の仕事ぶりには驚きました。

 

 また私たち学生としての学業の面でも、プロの方の通訳は聞いているだけでも色んな事を学べました。イタリア人が日本語をイタリア語に訳すというのもなかなか無い機会だったので、聞いていて勉強になりました。私たちも得るものの大きい活動でした。

 

 全く力不足で至らない点もたくさんありましたが、通訳サポートとして対応していただき、またこのような機会を与えてくださり、ありがとうございました。

 
PAGE TOP