留学手続

留学について

スペイン語専修では留学を奨励しています。20年以上も前から毎年大勢の学生がスペインやメキシコに留学をし、仕事で海外を飛び回っている先輩もいれば、海外に本拠を定めて活躍している先輩も大勢います。 留学の種類としては派遣留学と認定留学があります。制度の詳しい説明については留学制度のページを見てください。


派遣留学に関しては、以前からスペインのアルカラ大学は協定校でしたが、2004年度からメキシコのメキシコ国立自治大学(UNAM)も協定校になりました。初年度に派遣留学をした4名の学生も無事成果を挙げてこのほど帰国しました。2005年度も派遣、認定の学生たちが出発を待っているところです。 スペインやラテンアメリカの大学の様子や留学中の体験談は、留学体験記を見て参考にしてください。 留学に関するあらゆる相談は、国際交流センターや外国語学部事務室、我々教員の留学アドバイザーにしてください。親切、丁寧にお教えします。


留学形態

基本的には、本学に在学のまま1学年分の留学で、認定留学ができます。そしてアルカラ大学の場合には派遣留学も可能です。また休学して留学する場合もありますが、この場合留学先で受けた授業は、単位認定の対象にはなりません。

手続きの要領1

派遣留学で行くアルカラ大学への留学の場合、前年の秋に学内募集があり、それに採用されると、以降国際交流センターの指示に従う事になります。


  • 認定留学で行くアルカラ大学への留学の場合、11月初旬には、本人が直接アルカラ大学に登録申込書を送らなければなりません。入学許可書を受け取ったら、その許可書を提示して学部事務室で手続きをします。同時に、アルカラでの授業に間に合うように、航空便の予約をします。
  • スペイン大使館に就学ビザを申請するための書類を整え、12月中に申請します。

手続きの要領2

ご存知のように、スペイン語を使っている国数は多くあります。よって過去の本校のスペイン語専修生の留学先も、様々な国と大学が挙げることができます。

派遣留学

  • アルカラ大学(スペイン)
  • メキシコ国立自治大学(メキシコ)

認定留学

  • スペイン・・・アルカラ大学、サラマンカ大学、マラガ大学、サラゴサ大学、バジャドリー大学、コルドバ大学
  • メキシコ・・・メキシコ国立自治大学、グアナファト大学
  • アルゼンチン・・・ベルグラノ大学
  • チリ・・・チリカトリック大学


そのほかにも休学してコスタリカ等へ留学した専修生や、派遣留学でカリフォルニア・リバーサイド大学(USA)にて英語とスペイン語を両立して学んできた専修生もいます。

費用について

モデル:アルカラ大学(スペイン)でホームステイの場合


  • 往復路交通費 約20万円
  • 授業料 約50万円
  • 滞在費(ホームステイ)約110万円
  • 概算合計 約180万円


これはゆったりした例で、国や留学形態、ホームステイか部屋を借りるかなどで、大きく違ってきます。先生にじっくり相談し、実際に自分で「留学の手引き」で調べたり、留学から帰ってきた人に聞いてみましょう。

 

PAGE TOP