専修紹介

ロシア語とロシアの文化に精通した人材を育てる。

日本の隣国であるロシアは、アジアからヨーロッパにかけて日本の約45倍の広大な国土をもち、また近年きわめて急速な経済成長を遂げている国で、日本や東欧諸国との文化的・経済的交流を活発に行っています。本専修では、ロシア語を使いこなせる人材の養成をめざしています。

キリル文字の修得から高度な応用までを確実にマスター。

1年次ではロシア語のアルファベットであるキリル文字と、基本となる発音、簡単な会話表現をマスター。2年次は会話・作文・講読・文法の総合的な力を磨きます。3年次からはコミュニケーション能力を向上させ、さらにロシアの言語や文学・文化についての研究を深めていきます。

主な専門教育科目

インテンシブ・ロシア語I

視聴覚教材やロシアの実生活に関する資料を用いながら、ロシア語の基本的なコミュニケーション能力を養成します。

ロシア文学・文化概論

ロシア文化や文学の流れを解説。またロシア帝国時代とソビエト時代の社会状況がロシア文化に及ぼした影響を概観します。

ロシア語コミュニケーション論

ロシア語のことわざや、使用頻度の高い構文を学び、表現力を高め、またロシア文化に関する理解を深めます。

ロシア文化論A

演劇、バレエ、音楽、映画などのロシア芸術とその歴史を取り上げて、ロシア及びスラブ民族の精神を学びます。

PAGE TOP