専修紹介

日本では数少ないインドネシア語専修。

インドネシア語は、世界第4位の人口を擁するインドネシアに加え、東南アジア地域で通用する言語としてその重要性が注目されています。また、インドネシア語と日本語は類似した発想や表現が多くあり、親しみやすい言語です。京都産大はインドネシア語を専攻できる数少ない大学の一つです。

アジアの明日を担う国際人を育成する。

1・2年次では発音や日常のあいさつ表現、初歩的な文章作成法を学びます。3・4年次には、インドネシア人教員の指導のもと、着実にコミュニケーション能力を修得。さらにインドネシアや東南アジアの国々の歴史・文化への理解を深め、日本と東南アジア諸国との交流に貢献できる国際人を育成します。

主な専門教育科目

インテンシブ・インドネシア語

インドネシア人と日本人の教員からあいさつ表現や文法を学び、インドネシア語でコミュニケーションする基礎的な力を修得します。

インドネシア文学・文化概論

1万8000以上の島に250以上の民族が暮らす多様性に満ちたインドネシア各地の芸能文化を詳しく紹介します。

インドネシア語コミュニケーション論

インドネシアの地理、風俗、人々の暮らしについて書かれた文章を教材として、インドネシアの人々の考え方を学びます。

インドネシア語学

インドネシア語の発展の歴史を、インドネシアの民族や社会に注目して学び、インドネシア語の構造を言語学的観点から考察します。

PAGE TOP