ゼミレポート

インドネシアの言語と社会を楽しみながら学ぶ。

エディゼミ 【インドネシアのマスメディアとライフスタイル】

映画を通じてインドネシアの人間関係を考察

私のゼミでは、ゼミ生がひとりひとり異なるインドネシアの映画を鑑賞し、そのなかで読み取ったことのプレゼンテーションを行います。インドネシアの映画は日本で公開されているものが少なく、多くは日本語の字幕がついていません。専門的にインドネシア語を学んできた学生にとっても映画の中の会話はスピードが速くて聞き取れない場合もあり、何度も繰り返し映画を観てストーリーを理解し、あらすじをまとめます。さらに、住み込みのヘルパーやゴトンロヨン(相互扶助)など、映画に描かれているインドネシアの生活スタイルや人間関係に注目し、日本との共通点や相違点について考察します。映画を通じ、楽しみながらインドネシア語の表現を学び、それに加えてインドネシアの社会についても理解を深めてほしいと願っています。

エディゼミ

外国語学部准教授 エディ プリヨノ

インドネシアのスブラス・マレット国立大学卒業。日本とインドネシアの公共広告に関する比較研究を行っている。


PAGE TOP