学科紹介

実践的なフランス語を修得し、国際人を養成。

フランスに加えベルギーやスイスなどのヨーロッパの国々、またアフリカやカナダ、アジアの一部と、フランス語は世界各地で話されています。国際連合でも公用語として使われ、国際社会において重要な役割を果たしています。本学科ではフランス語の実践的な力を身につけた国際人を養成します。

基礎からはじめ、高度なコミュニケーション能力の修得をめざす。

1年次からはじまる「インテンシブ・フランス語」ではオリジナルの教材を使い、基礎を徹底的に養成。2年次の秋からは、実用フランス語技能検定2級取得を目標に、コミュニケーション能力の向上に力を入れます。3年次からは言語の学びと並行してフランス語圏の歴史・文化を専門的に研究します。

主な専門教育科目

インテンシブ・フランス語 I

オリジナルの教材を用い、フランス人と日本人の教員が連携して行う授業。フランス語の総合的な力を身につけます。

フランス文学概論

小説を中心とするフランスの文学作品を取り上げ、文学が人間のあらゆる経験を集約する大きな言語活動であることを理解していきます。

フランス語コミュニケーション論

映画のシナリオや新聞、雑誌などのフランス語を取り上げ、フランス語のコミュニケーション能力を修得します。

フランス文化論A(フランス文化特論)

フランスの企業の組織体系、事務の流れ、文書・手紙をフランス語で学び、フランスのビジネスシーンへの理解を深めます。

PAGE TOP