多文化共生の地域づくりプログラム(韓国語)科目一覧

主要科目の概要

科目名 韓国語を
専攻する
学生
法学部生 配当年次・学期 単位数 科目区分 内容
政策・
法・
実習
地域多文化共生論 必須 必須 1・秋 2 法専門 日本の多文化社会の現状と課題を概観した上で、多文化共生に関わる具体的政策課題を解決する方法を、ディスカッションやグループワークなどを通じて探ります。
外国人と法 必須 必須 2・秋 2 法専門 出入国管理・在留資格、家族関係、医療や福祉、教育、労働関係など、外国人が直面する法的問題について、制度の概略と問題の所在を学びます。
地域多文化共生実習 1科目以上
選択必須
1科目以上
選択必須
2・通年 2 法専門 在日外国人の現状や外国人支援の課題について、現場での体験を通じて学び、問題発見・解決力や実践力を高めます。
共生のための日本語演習(2016年度開講) 3・春 2 外専門 日本語または外国語で十分なコミュニケーションがとれない状況でも外国人支援が行えるスキルを身につけることをめざします。やさしい日本語や非言語でのコミュニケーションを練習します。
韓国語 韓国朝鮮語エキスパートI 必須 1・春 4 共通 週4回の集中的な授業によって、韓国語の総合的な運用能力を身につけます。到達目標は、身近な日常のコミュニケーションで「聴く、話す、読む、書く」ことができることです(ハングル能力検定4級程度)。
韓国朝鮮語エキスパートII 必須 1・秋 4 共通
韓国朝鮮語エキスパート発展IA 必須 1・春 1 共通 韓国語の総合的な運用能力をさらに向上させることを目指す、中級程度のクラス。IA・IIAが中国人教師による会話中心の授業、IB・IIBが日本人教師による文法中心の授業です。到達目標は、日常会話ができるのみならず、ある程度の分量の文章を作成できることに置かれています(ハングル能力検定3級程度)。
韓国朝鮮語エキスパート発展IB 必須 1・春 1 共通
韓国朝鮮語エキスパート発展IIA 必須 1・秋 1 共通
韓国朝鮮語エキスパート発展IIB 必須 1・秋 1 共通
韓国朝鮮語会話(初級)I 8単位以上選択必須 1・春 1 共通 会話すなわち「聞く」「話す」訓練を中心に韓国語を学びます。韓国人教師による授業です。到達目標は、初級が基礎的な日常会話の習得、中級が日常会話を超えて自分の意見が話せるようになること、です。
韓国朝鮮語会話(初級)II 1・秋 1 共通
韓国朝鮮語会話(中級)I 1・春 1 共通
韓国朝鮮語会話(中級)II 1・秋 1 共通
検定で学ぶ韓国朝鮮語(初級)I 1・春 1 共通 ハングル能力検定の過去問題や模擬問題を利用して練習をすることにより、韓国語運用能力の総合的なレベルアップをめざします。到達目標は初級がハングル検定4〜3級合格、上級が2級合格です。
検定で学ぶ韓国朝鮮語(初級)II 1・秋 1 共通
検定韓国語(上級)I 2・春 1 外専門
検定韓国語(上級)II 2・秋 1 外専門
検定試験認定単位(韓国語) 2〜8 共通 ハングル能力検定試験に合格した場合、その級に相当する語学学習を行っていると見なし、単位が付与されます。
海外実習科目(韓国語) 春休み
夏休み
2〜4 共通 1ヶ月ほどの短期留学です。現地で集中的に韓国語を学習しながら、異文化交流を体験します。
韓国語海外実習 1・春休み 3 外専門
韓国文化 韓国文化論A 2・春 2 外専門 韓国の文化・歴史の基礎知識を身につけ、韓国文化の特色を日本や中国と関連させながら考えます。
韓国文化論B 2・秋 2 外専門

関連科目の一覧

 「地域多文化共生論」や「外国人と法」と内容的に関連する次の科目を、関連科目として指定しています。地方行政、社会保障法、家族法、地域政策などに関連する科目で、法学部の「行政プログラム」とかなり共通しています。
 関連科目は本プログラムの修了要件には含まれていませんが、修得した関連科目は「プログラム修了証」に記載します。

科目名 配当年次・学期 単位数 科目区分
法学と政治学の世界
(外国語学部生のみ)
1・春秋 2 共通
行政法総論A 2・春 2 法専門
行政法総論B 2・秋 2 法専門
地方自治法 2・春 2 法専門
雇用関係法 2・春 2 法専門
社会保険法 2・春 2 法専門
社会福祉法 2・秋 2 法専門
民法IV(親族・相続) 2・春 2 法専門
国際私法 2・秋 4 法専門
刑事司法と外国人 2・秋 2 法専門
ジェンダーと法 2・春 2 法専門
公共政策概論 2・春 2 法専門
公共政策と市民社会 2・秋 2 法専門
地域ガバナンス論 2・春 2 法専門
行政救済法 3・春 2 法専門
地方自治未来論 3・春 2 法専門

プログラム修了要件

 次の科目を修得した者に、「プログラム修了証」を発行します。外国人留学生の修了要件は、別に定めています。

外国語学部アジア言語学科で韓国語を専攻する学生

  1. 「地域多文化共生論」「外国人と法」
  2. 「地域多文化共生実習」「共生のための日本語演習」のうち1科目2単位以上

外国語学部以外の学生、外国語学部国際関係学科の学生

  1. 「地域多文化共生論」「外国人と法」
  2. 「地域多文化共生実習」「共生のための日本語演習」のうち1科目2単位以上
  3. 「韓国朝鮮語エキスパート」「韓国朝鮮語エキスパート発展」のすべて
  4. 「韓国朝鮮語会話」「検定で学ぶ韓国朝鮮語」「検定韓国語」「検定試験認定単位(韓国語)」「海外実習科目(韓国語)」「韓国語海外実習」「韓国文化論」から8単位以上

*なお、1.〜4.の修了要件を満たした学生は、同時に「外国語ステップアッププログラム」の修了要件も満たすことになります。

PAGE TOP