大学院・研究科

経済学研究科

複雑な現実の経済現象を理論的に正しく理解し、社会的に有為な人材となるためには、学部教育を超えた研究科での研鑚が必要です。 経済学研究科は、経済現象に関する広い視野に立つ学識を授けるとともに、高度な職業能力および専門的な研究能力を養成することを目的として、社会的な要請に応じるカリキュラムの内容を整えています。
経済理論・財政論・金融論のような基本的な科目群に加えて、コンピュータを利用したデータ処理・計量経済学、さらに現実の経済問題を考察するために、都市経済・農業経済・中小企業・環境問題を研究する科目群、世界の中の日本経済の役割を理解し、経済のグローバル化によって生じる諸問題を戦略的に考察するために、国際経済論・国際金融論・開発経済学・国際投資論などの科目を提供しています。
経済学研究科は前期課程(修士課程)を中心にして、経済学部の教員全員がその指導にあたります。このため多様な内容の授業に登録して、幅広く学習することができます。しかも少人数の授業のため、学生の学習意欲を充分に引き出す環境になっています。前期課程を修了してさらに本格的な研究の継続を望む場合は、後期課程(博士課程)への進学の道も開かれています。


経済学研究科(通信教育課程)

京都産業大学に大学院経済学研究科(通信教育課程)が誕生します!!
PAGE TOP