カリキュラム

概要

本学の生物工学科は、大きくヒトの医学・薬学の基礎研究を行う生化学系列と、動植物の保全・改良をめざす遺伝・育種学系列の2つの学問領域から構成されています。


学生はまず、1〜2年次に設けられている「必修科目」ならびに「専門教育科目」により、生物学はもちろん化学、物理学など生物工学に関連する基礎事項を広く学びます。それと平行して今後必要となる実験の基礎技術を身に付けるため「生物学実験」、「化学実験」を履修します。3年次以降は、各人の興味や進路にそった「専門教育科目」を履修することで、より専門的な知識を深めた後、「生物工学・分子生物工学実験」、「基礎特別研究」、「応用特別研究」などのいわゆる参加型・実践型科目の履修により、バイオテクノロジストとして必要な能力を涵養します。

専門教育科目カリキュラム

1年次

理科一般の基礎的な知識を身につけ、研究できる素地をつくる。

必修科目

  • 生物学通論1・2
  • 物質生物化学
  • 生物工学のすすめ
  • 基礎コンピュータ演習
  • 応用コンピュータ演習
  • 生物学実験 I
  • 化学実験 I

選択科目

  • 基礎化学 I・II
  • 有機化学
  • 物理化学 I・II
  • 物理学通論 I・II
  • 生物学演習
  • 化学演習
  • 生物数学

情報通信工学科関連科目・選択科目

  • 情報工学概論
  • 情報化社会論

2年次

専門科目の比率が高まり、科学英語や関連科目の履修もスタート。

必修科目

  • 代謝生物化学 I・II
  • 科学英語 I・II
  • 生物学実験 II
  • 化学実験 II
  • 生物工学実験 I

選択科目

  • 医学生物学 I・II
  • 基礎遺伝学 I・II
  • 生物物理学
  • 細胞組織学
  • 基礎免疫学
  • 生体免疫学
  • 細胞生物学 I
  • 微生物学
  • 分子生物学 I・II
  • 発生生物学 I・II
  • 生物統計学
  • 生物工学演習 I

3年次

応用的な専門科目を学び、研究の基準を整える。

必修科目

  • 科学英語 III
  • 生物工学実験 II
  • 基礎特別研究

選択科目

  • 集団生物学
  • 植物育種工学
  • 細胞生物学 II
  • 発酵学
  • 放射線化学
  • 遺伝子工学
  • 細胞社会学
  • 細胞情報学
  • 動物育種工学
  • 植物分子生物学
  • 生体防御学
  • バイオインフォマティックス
  • ウィルス学
  • 生物工学演習 II

情報通信工学科関連科目・選択科目

  • ソフトウェア工学
  • シミュレーション工学
  • データベースシステム
  • 脳と視覚情報処理
  • 脳と認知情報処理
  • 画像シミュレーション論

4年次

「特別研究」に専念。自らの研究テーマを深く追求する。

必修科目

  • 応用特別研究1・2
PAGE TOP