研究会開催内容

平成29年度の研究会開催内容

研究会及び研究交流会

セミナー、シンポジウム等

平成28年度の研究会開催内容

研究会及び研究交流会

セミナー、シンポジウム等

平成27年度の研究会開催内容

研究会及び研究交流会

セミナー、シンポジウム等

平成26年度の研究会開催内容

研究会及び研究交流会

セミナー、シンポジウム等

平成25年度の研究会開催内容

研究会及び研究交流会

セミナー、シンポジウム等

平成24年度の研究会開催内容

第1回研究会開催概要
第1回 徐興慶(台湾大学)
「被殖民/近現代:外来政権における台湾知識人
—アイデンティティーの転換を考える—」
平成24年5月23日
第2回研究会開催概要
第2回 岩本誠吾(法学部)
「サイバーセキュリティの構築に向けて:現状と課題」
平成24年6月27日
第3回研究会開催概要
第3回 志賀浄邦(文化学部)
「近現代インドとB.R.アンベードカル」
平成24年10月24日
第4回研究会開催概要
第4回 トマス・バーガー(ボストン大学)
「History, territory and Japan's growing isolation in East Asia」
平成24年12月5日
第5回研究会開催概要
世界問題研究所総合学術研究所共催
第5回
Pham Quang Minh(Vietnam National University)*「Vietnam-Japan Relations in the New Context of Regional and World Politics」
*玉木俊明教授(総合学術研究所プロジェクト)による招聘
平成24年12月26日
第6回研究会開催概要
第6回 森 哲郎(文化学部)
「現代と伝統:十牛図と京都哲学」
平成25年2月13日

京都産業大学(世界問題研究所)・上海社会科学院(国際関係研究所)学術交流研究会

世界問題研究所セミナー

平成23年度の研究会開催内容

村山談話国際セミナー

Murayama statement:
its contemporary and future implication for the reconciliation in East Asia
2011年12月3日(土)
<参加者>
東郷和彦(京都産業大学世界問題研究所)
Daqing Yang (George Washington University)
Youngshik Daniel Bong (Asan Institute for Policy Studies)
Rwei-Ren Wu (Academia Sinica)
Thomas Berger (Boston University)

成22年度の研究会開催内容

第1回 アンドリュー・ホルバート(スタンフォード技術革新センター教授)
「歴史対話の重要性と限界-ヨーロッパと北東アジアの共通点と相違」
平成22年5月26日
第2回 板橋拓己(成蹊大学法学部助教)
「ドイツ・ナショナリズムの重層性:『中欧』の視座から」
平成22年6月23日
第3回 朴勝俊「戦後韓国の経済発展と日本の自己認識」
朴真完「建仁時両足院の朝鮮通信使関連資料について」
平成22年7月14日
第4回 コンスタンチン・サルキソフ
(ロシア科学アカデミー東洋学研究所・特別顧問)
「ロシアの現状と日ロ関係」
平成22年7月28日
第5回
(特別研究会)
劉鳴(上海社会科学院アジア太平洋研究所副所長)
「東北アジア安全保障メカニズムのモデルと直面する課題」
高蘭(上海社会科学院アジア太平洋研究所北東アジア研究室主任)
「Energy Cooperation between China and Japan and Construction of “East Energy Community”」
平成23年1月19日
第6回 宮崎寛(世界問題研究所RA、龍谷大学国際文化学研究科)
「『生政治時代』における対抗的公共空間の可能性」
川合全弘「ナチズムの『過去』から、ナチズムの『現在』へ」
平成23年1月26日
第7回 溝部英章
「グローバル化・帝国化・国民国家」
中谷真憲
「フランスの共和主義と歴史認識問題:いくつかの簡単なスケッチ」
平成23年2月22日
第8回 川北稔(文化学部客員教授、大阪大学名誉教授)
「成長パラノイア:イギリス近代史のパースペクティブ」
平成23年3月9日

日韓学術セミナー

京都産業大学世界問題研究所・韓国東北亜歴史財団・合同学術セミナー
「鏡の中の自己認識 —日本と韓国の歴史・文化・未来—」
平成22年10月9日~10日
所員
招聘参加者:
池内敏(名古屋大学文学部教授)
李 薰 (東北亞歴史財団・独島研究所所長)
小倉紀蔵(京都大学大学院人間環境学研究科准教授)
金廣烈(光云大学東北アジア学部教授)
申吉壽(外交通商部・大使)
崔雲燾(東北亞歴史財団教授)
趙胤修(東北亞歴史財団)
韓明基(明知大學校人文大学史学科教授)
Youngshik BONG(アメリカン大学国際関係大学院准教授)
Taeku LEE (カリフォルニア大学バークレー校教授)

平成21年度の研究会開催内容

第1回 高原秀介
「第一次世界大戦期の日米関係—ウィルソン政権の対日政策を中心に—」
2009年4月22日
第2回 滝田豪
「中国における民主主義観の対立」
2009年6月3日
第3回 北澤 義之
「アラブ・ナショナリズム再考」
2009年6月24日
第4回 国分良成(慶應義塾大学法学部教授)
「中国政治経済の安定度—建国60年を迎えて」
2009年7月22日
第5回 溝部英章
「「アジア間貿易→アジア太平洋経済圏」か、「東アジア資本主義→東アジア共同体」か—杉原薫vs.堀和生論争の政治史的意義」
2009年10月14日
第6回 井上 正幸(日本国際教育支援協会理事長)
「日本の経済協力への一視点—バングラデシュを事例として—」
2009年10月28日
第7回 瓜生 洋一(大東文化大学法学部教授)
「腕木通信から見たフランス革命—地域・中央・帝国」
2009年11月25日
第8回 マンフレッド・フーブリヒト
「12月1日に発効することになったリスボン条約及びその枠の中での超国家的民主制の可能性について」
2009年12月9日
第9回 座談会のための準備会合 2010年1月13日
第10回 座談会
「新しい世界秩序を求めて」
所員
招聘参加者
井口治夫(名古屋大学情報文化学部教授)
国分良成(慶應義塾大学法学部教授)
玉田芳史(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究科教授)
長澤栄治(東京大学東洋文化研究所教授)
中西寛(京都大学法学部教授)
2010年2月6・7日

平成20年度の研究会開催内容

第1回 芦立秀朗
「公共政策と政府の責任:援助行政を中心として」
平成20年5月28日
第2回 (1)「中朝国境貿易についての現地視察報告」(岩本誠吾・岑智偉)
(2)「中国に“民族主義”があるのか-『潜流』から見えたもの」(岑智偉)」
平成20年6月25日
第3回 河原地英武
「ロシアの新政権と世界」
平成20年7月23日
第4回 五十嵐武士(東京大学大学院法学政治学研究科教授)
「アメリカ「帝国」とグローバル化」
平成20年10月1日
第5回 桐原健真(東北大学大学院文学研究科助教)
「19世紀東アジアと『帝国』日本」
平成20年11月26日
第6回 瀬島誠(大阪国際大学現代社会学部法律政策学科准教授)
「核拡散のダイナミクスについてのシミュレーション研究」
平成20年12月12日
第7回 上田秀明(法学部客員教授)
「Globalization とGlobal Governanceについて」
平成21年1月23日
第8回 志賀浄邦
「インド社会と仏教 —インド仏教復興運動の軌跡とその現況—」
平成21年2月20日
第9回 1.川合全弘(法学部教授)
「西独の国家理性としての過去の克服—ヴァイツゼッカー演説の政治的意義について—」
2.東郷和彦(テンプル大学教授)
「歴史と外交」
平成21年3月2日

平成19年度の研究会開催内容

第1回 準備会合 平成19年4月4日
第2回 木村雅昭「帝国・国家・地域」 平成19年5月23日
第3回 中谷真憲「フランスの移民問題」 平成19年6月27日
第4回 小杉泰(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究科教授)
「イスラーム世界の動態とグローバル化:中東・イスラーム地域の再編成とその展望」
平成19年7月26日
第5回 小野清美(大阪外国語大学外国語学部教授)
「E・J・ユングの中欧・ヨーロッパ新秩序構想——戦間期における『ドイツ問題』と『ヨーロッパ問題』の交錯」
平成19年9月20日
第6回 植村和秀
「西田幾多郎と京都学派の距離——世界新秩序の構想をめぐって」
平成19年10月31日
第7回 朴勝俊
「地球温暖化防止国際枠組みにおける炭素税優位論」
平成19年12月5日
第8回 天江喜七郎(外務省参与)
「帝国、国家、民族」
平成19年2月6日

平成18年度の研究会開催内容

PAGE TOP