招聘教授紹介

Dr. Richard I. Morimoto Northwestern University. (USA)

リチャード・モリモト招聘教授はシカゴ大学で博士号を取得し、ハーバード大学 マシュー・メセルソン教授(DNA複製を証明したメセルソン・スタールの実験で著名)の元でトレーニングを積まれた。独立後は、生物は環境にどのように適応するか?DNAにコードされた情報はその際どのように働くのか?を中心的な問いとして、ストレス応答の分野において華々しい成果を挙げられた。これらの研究から分かったことは、生体を構成するタンパク質は環境変化に弱く、高温などの環境ストレスにより速やかに機能を失うが、生体はそれに対する巧妙な防御機構を備えており、タンパク質恒常性(プロテオスタシス)が保たれているということである。近年は、プロテオスタシスの破綻により起こる老化や種々の疾患(アルツハイマー病など)の機序解明などに取り組まれており、この分野の代表的研究者の一人である。

主な業績

  1. E2F coregulates an essential HSF developmental program that is distinct from the heat-shock response. Li J, Chauve L, Phelps G, Brielmann RM, Morimoto RI.
    Genes Dev. Sep 29.2016
  2. Proteotoxic stress and ageing triggers the loss of redox homeostasis across cellular compartments.Kirstein J, Morito D, Kakihana T, Sugihara M, Minnen A, Hipp MS, Nussbaum-Krammer C, Kasturi P, Hartl FU, Nagata K, Morimoto RI.
    EMBO J. 14;34(18):2334-49.2015
  3. Repression of the Heat Shock Response Is a Programmed Event at the Onset of Reproduction. Labbadia J, Morimoto RI.
    Mol Cell. 20;59(4):639-50.2015.
  4. Protein aggregation can inhibit clathrin-mediated endocytosis by chaperone competition.
    Yu A, Shibata Y, Shah B, Calamini B, Lo DC, Morimoto RI.
    Proc Natl Acad Sci U S A. 111(15):E1481-90. 2014
  5. Regulation of organismal proteostasis by transcellular chaperone signaling.
    van Oosten-Hawle P1, Porter RS, Morimoto RI.
    Cell. 153(6):1366-78. 2013

Dr. Ulrich F. Hartl Max Planck Institute.(Germany)

DNAにコードされた遺伝情報はタンパク質に翻訳されることで機能を発揮する。翻訳されたタンパク質は自動的に機能を発揮すると以前は信じられていたが、この過程は決して自動的などではなく、むしろ多数の因子と化学エネルギーを必要とする非常に複雑な過程であることが現在では明らかとなっている(タンパク質フォールディングと呼ばれる)。
ウルリッヒ・ハートル招聘教授はこの解明において中心的な役割を果たし、遺伝子の機能発現における最後のステップを解明した研究者として広く認知されている。ガードナー国際賞(2004年)、アルバート・ラスカー基礎医学賞(2011年)など数々の栄誉に輝き、最近では、ライバルのアーサー・ホーウィッチ教授(米・イェール大学)と共に、ノーベル賞の最有力候補として毎年名前が挙がっている。

主な業績

  1. Soluble Oligomers of PolyQ-Expanded Huntingtin Target a Multiplicity of Key Cellular Factors.Kim YE, Hosp F, Frottin F, Ge H, Mann M, Hayer-Hartl M, Hartl FU.
    Mol Cell. 63(6):951-64. 2016.
  2. Failure of RQC machinery causes protein aggregation and proteotoxic stress.
    Choe YJ, Park SH, Hassemer T, Körner R, Vincenz-Donnelly L, Hayer-Hartl M, Hartl FU.
    Nature. 531(7593):191-5. 2016
  3. Widespread Proteome Remodeling and Aggregation in Aging C. elegans.
    Walther DM, Kasturi P, Zheng M, Pinkert S, Vecchi G, Ciryam P, Morimoto RI, Dobson CM, Vendruscolo M, Mann M, Hartl FU.
    Cell. 161(4):919-32. 2015
  4. GroEL/ES chaperonin modulates the mechanism and accelerates the rate of TIM-barrel domain folding. Georgescauld F, Popova K, Gupta AJ, Bracher A, Engen JR, Hayer-Hartl M, Hartl FU. Cell. 157(4):922-34. 2014
  5. Interplay of acetyltransferase EP300 and the proteasome system in regulating heat shock transcription factor 1. Raychaudhuri S, Loew C, Körner R, Pinkert S, Theis M, Hayer-Hartl M, Buchholz F, Hartl FU.
    Cell. 156(5):975-85. 2014

Dr. Peter Walter University of California, San Francisco.(USA)

細胞内には種々の区画(小胞体やミトコンドリアなど)があり、それぞれの区画ではたらくタンパク質がどのように見分けられ輸送されるのか、長らく謎のままであった。ピーター・ウォルター招聘教授はロックフェラー大学大学院在学時に、タンパク質輸送の鍵因子であるSRPを単離し、タンパク質輸送の分子実体を初めて突き止めた。この研究を含む一連の研究により、ウォルター教授の指導教員であったギュンター・ブローベル教授はノーベル医学・生理学賞を受賞している(1999年)。ウォルター博士はその後、カリフォルニア大学サンフランシスコ校に移り、タンパク質分泌を制御する小胞体ストレス応答の研究を開始した。ウォルター教授はこの分野の開拓と発展において中心的な役割を果たし、ライバルの森和俊教授(京都大学)と共にガードナー賞(2009年)、アルバート・ラスカー基礎医学賞(2014年)等を受賞し、現在最も有力なノーベル賞候補者の一人と考えられている。

主な業績

  1. Ceapins inhibit ATF6α signaling by selectively preventing transport of ATF6α to the Golgi apparatus during ER stress. Gallagher CM, Walter P. Elife. 5. pii: e11880. 2016
  2. Ceapins are a new class of unfolded protein response inhibitors, selectively targeting the ATF6α branch. Gallagher CM, Garri C, Cain EL, Ang KK, Wilson CG, Chen S, Hearn BR, Jaishankar P, Aranda-Diaz A, Arkin MR, Renslo AR, Walter P.
    Elife. 25: e11878. 2016
  3. Translation from the 5' untranslated region shapes the integrated stress response.
    Starck SR, Tsai JC, Chen K, Shodiya M, Wang L, Yahiro K, Martins-Green M, Shastri N, Walter P. Science. 351(6272):aad3867. 2016
  4. Endoplasmic reticulum stress-independent activation of unfolded protein response kinases by a small molecule ATP-mimic. Mendez AS, Alfaro J, Morales-Soto MA, Dar AC, McCullagh E, Gotthardt K, Li H, Acosta-Alvear D, Sidrauski C, Korennykh AV, Bernales S, Shokat KM, Walter P. Elife. May 19;4. 2015
  5. Pharmacological dimerization and activation of the exchange factor eIF2B antagonizes the integrated stress response.Sidrauski C, Tsai JC, Kampmann M, Hearn BR, Vedantham P, Jaishankar P, Sokabe M, Mendez AS, Newton BW, Tang EL, Verschueren E, Johnson JR, Krogan NJ, Fraser CS, Weissman JS, Renslo AR, Walter P.
    Elife. 4:e07314. 2015

田中 啓二 東京都医学総合研究所 所長

細胞を自動車に例えれば、エンジンや動力伝達系、計器、電力系に始まり、サスペンション、ブレーキ、空調、ライトなど、重要な部品はすべてタンパク質で出来ていると言っても過言ではない。1980年代ごろまで、細胞全体の機能はタンパク質の合成制御によって決まると考えられていた。しかし現在では、タンパク質の合成だけでなく分解が重要であることが分かっている。細胞の様々な機能はタンパク質の合成(スイッチオン)と分解(スイッチオフ)によって制御されているのである。細胞内の主なタンパク質分解装置は2つあり、リソソームとプロテアソームと呼ばれている。田中啓二招聘教授はプロテアソームを発見され、この分子装置の構造、機能、制御について包括的に解明を進めてこられた。日本学士院賞(2010年)、文化功労者(2014年)などを受賞され、また本研究所の永田和宏教授、大隅良典招聘教授らと共に「七人の侍」と呼ばれている(他に、吉田賢右本学シニアリサーチフェロー、伊藤維昭本学シニアリサーチフェロー、三原勝芳九州大学名誉教授、藤木幸夫九州大学特任教授)。

主な業績

  1. Phosphorylated ubiquitin chain is the genuine Parkin receptor.
    Okatsu K, Koyano F, Kimura M, Kosako H, Saeki Y, Tanaka K, Matsuda N.
    J Cell Biol. 209(1):111-28. 2015
  2. A comprehensive method for detecting ubiquitinated substrates using TR-TUBE.
    Yoshida Y, Saeki Y, Murakami A, Kawawaki J, Tsuchiya H, Yoshihara H, Shindo M, Tanaka K. Proc Natl Acad Sci U S A. 112(15):4630-5. 2015
  3. Ubiquitin is phosphorylated by PINK1 to activate parkin.
    Koyano F, Okatsu K, Kosako H, Tamura Y, Go E, Kimura M, Kimura Y, Tsuchiya H, Yoshihara H, Hirokawa T, Endo T, Fon EA, Trempe JF, Saeki Y, Tanaka K, Matsuda N.
    Nature. 510(7503):162-166. 2014
  4. Quantitative live-cell imaging reveals spatio-temporal dynamics and cytoplasmic assembly of the 26S proteasome.Pack CG, Yukii H, Toh-e A, Kudo T, Tsuchiya H, Kaiho A, Sakata E, Murata S, Yokosawa H, Sako Y, Baumeister W, Tanaka K, Saeki Y.
    Nat Commun. 5:3396. 2014
  5. PINK1 autophosphorylation upon membrane potential dissipation is essential for Parkin recruitment to damaged mitochondria. Okatsu K, Oka T, Iguchi M, Imamura K, Kosako H, Tani N, Kimura M, Go E, Koyano F, Funayama M, Shiba-Fukushima K, Sato S, Shimizu H, Fukunaga Y, Taniguchi H, Komatsu M, Hattori N, Mihara K, Tanaka K, Matsuda N.
    Nat Commun. 3:1016.2012

大隅 良典 東京工業大学 栄誉教授

大隅良典招聘教授は東京大学助教授在任時に、酵母細胞を栄養飢餓状態におくと、細胞内に球状の構造がたくさんあらわれ、やがて液胞に飲み込まれて分解されていく現象に気がついた。これは細胞が栄養飢餓にさらされた時に自分自身を分解して栄養に変える反応で、約30年前にクリスチャン・ド・デューブによって発見されながら、長らく忘れ去られていたオートファジーと呼ばれるタンパク質などの分解現象であった。大隅教授はこの現象に関わる新しい遺伝子を次々に単離し、その機能を解析することによって、オートファジーの分子実体の解明を進められた。大隅教授の発見以後、世界中で爆発的に研究が進展し、現在ではこの現象がヒトにおいても極めて重要な役割を果たすことが分かっている。日本学士院賞(2006年)、ガードナー賞(2015年)などに続き、2016年にはノーベル生理学・医学賞の受賞が決定した。本研究所の永田和宏教授、田中啓二招聘教授らと共に「七人の侍」と呼ばれている(他に、吉田賢右本学シニアリサーチフェロー、伊藤維昭本学シニアリサーチフェロー、三原勝芳九州大学名誉教授、藤木幸夫九州大学特任教授)。

主な業績

  1. The Intrinsically Disordered Protein Atg13 Mediates Supramolecular Assembly of Autophagy Initiation Complexes. Yamamoto H, Fujioka Y, Suzuki SW, Noshiro D, Suzuki H, Kondo-Kakuta C, Kimura Y, Hirano H, Ando T, Noda NN, Ohsumi Y. Dev Cell. 38(1):86-99. 2016
  2. Atg13 HORMA domain recruits Atg9 vesicles during autophagosome formation.
    Suzuki SW, Yamamoto H, Oikawa Y, Kondo-Kakuta C, Kimura Y, Hirano H, Ohsumi Y.
    Proc Natl Acad Sci U S A. 112(11):3350-5. 2015
  3. Atg38 is required for autophagy-specific phosphatidylinositol 3-kinase complex integrity.
    Araki Y, Ku WC, Akioka M, May AI, Hayashi Y, Arisaka F, Ishihama Y, Ohsumi Y.
    J Cell Biol. 203(2):299-313. 2013
  4. Atg12-Atg5 conjugate enhances E2 activity of Atg3 by rearranging its catalytic site.
    Sakoh-Nakatogawa M, Matoba K, Asai E, Kirisako H, Ishii J, Noda NN, Inagaki F, Nakatogawa H, Ohsumi Y.
    Nat Struct Mol Biol. 20(4):433-9. 2013
  5. Atg9 vesicles are an important membrane source during early steps of autophagosome formation.Yamamoto H, Kakuta S, Watanabe TM, Kitamura A, Sekito T, Kondo-Kakuta C, Ichikawa R, Kinjo M, Ohsumi Y. J Cell Biol. 198(2):219-33. 2012
PAGE TOP