<教養コース> 超高齢化時代の社会保障

今やいわゆる団塊の世代がすべて65歳以上となり、これからは少子高齢化がますます本格化していくことになります。わが国の社会保障制度は主に現役世代の負担でお年寄り世代に対する給付を支えるしくみとなっており、現在と同じようなサポートを将来も続けていけるのかに不安の目が向けられています。また、子育て世代への支援があまり充実していないのもわが国の社会保障制度の特徴であり、女性の社会進出の妨げや少子化進展の一因となっているという意見もあります。現在政府は「税・社会保障一体改革」の枠組みの中で少子高齢化の本格化に備えた社会保障制度の再構築を進めています。この講座では、第1回で社会保障制度全体が直面している課題について大まかにお話しした上で、残りの回では主な社会保障制度を一つ一つ取り上げ、それぞれの制度についての現状と将来の見通しを紹介するとともに各制度が抱えている課題について考えていきます。

  ≪1日目≫11月12日(土)
   ① 少子高齢化と社会保障
   ② 公的年金制度、ほんとに大丈夫?

  ≪2日目≫11月26日(土)
   ③ これからどうなる医療・介護
   ④ 「一億総活躍社会」の実現が意味するものとは?
コース・講座番号 B-4
開催日時 2016年11月12日(土) 11月26日(土)13:00~16:15 (開場:12:30)
講  師 経済学部 教授 福井 唯嗣
受講料 2,000円  
※本講座は全4回の連続した講座です。欠席等による、受講料の返金はいたしかねますのであらかじめご了承下さい。
会場 京都産業大学 壬生校地 むすびわざ館
定員 50名 
申込 事前申込制
申込締切日 2016年10月27日(木)必着
講師 経済学部 教授 福井 唯嗣
広島県広島市出身。1996 年京都大学経済学部経済学科卒業、2002年京都大学大学院経済学研究科博士課程修了。博士(経済学)。2002年より京都産業大学経済学部講師。その後、同助教授、同准教授を経て、2012年より同教授(現在に至る)。専門は財政学、社会保障論。
■注意事項
  • 収集した個人情報は、本学開催行事の案内以外には使用いたしません。
  • 申込が一定数に満たない場合は、講座を開講しない場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • 各講座の日程について、天候不良または諸般の事情により変更または中止となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • 教養コース・スポーツコースの受講料振込手数料は申込者負担となります。
  • 修了証等の発行はいたしておりませんのでご了承ください。
  • 実施講座のすべてで、下記の通り傷害保険に加入しております。(保険料本学負担)
    【死亡・後遺傷害保険金額】300万円【入院保険金日額】3,000円【通院保険日額】2,000円
    ※事故の対象は実施会場内に限ります。
お問い合わせ先
京都産業大学 社会連携センター
Tel.075-705-2952/075-705-1778
Fax.075-705-1960
【受付時間】
8:45~16:45(月曜日~金曜日)
8:45~12:00(土曜日)
※2016年10月1日、連携推進室およびリエゾンオフィスは「社会連携センター」に組織変更となりました。
shakai-renkei@star.kyoto-su.ac.jp
PAGE TOP