<教養コース> 検索の現在・過去・未来

スマホやインターネットでの情報検索は、現代の生活にはなくてはならない重要なものですが、どのような仕組みで動いているかご存知ですか?本講座では、情報検索の裏側で使われている基本技術を解説し、普段便利に使っている検索のさまざまな「なぜ」にお答えします。検索結果の1位と2位とでは何が違うのか、なぜうまく画像やオススメが表示されるのか、日頃の疑問をスッキリと解消しましょう。
また、近年、コンピュータがクイズに答える、大学入試問題を解く、将棋や囲碁でプロに勝つ、人と対話する、など様々なシステムが開発されていますが、どのような仕組みでそのようなことができるのでしょうか?人と同じように、言葉などを「理解」しているのでしょうか?未来の検索は、今の検索とどう違うのか、何をどこまでできるようになるのか、「人工知能」との関わりにも触れながら、情報検索の未来について一緒に考えてみましょう。

  ≪1日目≫10月8日(土)    「進化する検索」 教授 宮森 恒
  ≪2日目≫10月22日(土)    「広がる検索」  教授 水口 充
コース・講座番号 B-3
開催日時 2016年10月8日(土) 10月22日(土) 13:00~16:15 (開場:12:30)
講  師 コンピュータ理工学部 教授 宮森 恒・教授 水口 充
受講料 2,000円  
※本講座は全4回の連続した講座です。欠席等による、受講料の返金はいたしかねますのであらかじめご了承下さい。
会場 京都産業大学 壬生校地 むすびわざ館
定員 50名 
申込 事前申込制
申込締切日 2016年9月22日(木)必着
講師 コンピュータ理工学部 教授 宮森 恒
大阪府立北野高等学校卒、早稲田大学理工学部卒、同大学院理工学研究科後期博士課程了(1997年博士(工学))。同大理工学部助手、郵政省通信総合研究所、独立行政法人情報通信研究機構での勤務を経て2008年、京都産業大学コンピュータ理工学部准教授。2013年より現職。専門はマルチメディアデータ工学、パターン認識、情報検索。
講師 コンピュータ理工学部 教授 水口 充
1990年京都大学大学院工学研究科工業化学専攻修士課程修了。シャープ株式会社、(独)情報通信研究機構専攻研究員を経て、2008年より現職。2004年京都工芸繊維大学博士(工学)。専門はヒューマンコンピュータインタラクション、エンタテインメントコンピューティングなど、人とコンピュータの関わりに興味を持つ。
■注意事項
  • 収集した個人情報は、本学開催行事の案内以外には使用いたしません。
  • 申込が一定数に満たない場合は、講座を開講しない場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • 各講座の日程について、天候不良または諸般の事情により変更または中止となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • 教養コース・スポーツコースの受講料振込手数料は申込者負担となります。
  • 修了証等の発行はいたしておりませんのでご了承ください。
  • 実施講座のすべてで、下記の通り傷害保険に加入しております。(保険料本学負担)
    【死亡・後遺傷害保険金額】300万円【入院保険金日額】3,000円【通院保険日額】2,000円
    ※事故の対象は実施会場内に限ります。
お問い合わせ先
京都産業大学 社会連携センター
Tel.075-705-2952/075-705-1778
Fax.075-705-1960
【受付時間】
8:45~16:45(月曜日~金曜日)
8:45~12:00(土曜日)
※2016年10月1日、連携推進室およびリエゾンオフィスは「社会連携センター」に組織変更となりました。
shakai-renkei@star.kyoto-su.ac.jp
PAGE TOP