益川塾塾生

博士研究員

氏名 研究テーマ 研究内容
上村 尚平 超弦理論の有効理論と素粒子現象論の関係について 超弦理論はもっとも有力な量子重力理論の候補とみなされている。一方、素粒子論の標準模型と呼ばれる理論を用いると100 GeV程度の低エネルギーの物理を説明できると知られている。超弦理論が正しい量子重力ならば、標準模型は弦理論の有効理論になっているはずである。しかし、超弦理論は無数の真空を持つため、それを確かめることは難しい。本研究では、隠れたセクターと観測できるセクターの関係に注目し、その問題の解決に挑戦している。
菊地 健吾 グラディエントフロー方程式を用いた場の理論の新しい解析手法の発展 場の理論は、現代物理学における基礎理論の1つとして、非常に重要な役割を担っている。場の理論における非摂動的な解析は、素粒子物理学の重要な研究テーマの1つであるが、ゲージ理論に対する厳密繰り込み群や、格子上の超対称性理論のように、正則化による対称性の破れの問題は、非摂動的解析の妨げとなっている。本研究の目的は、これらの問題に対して、グラディエントフローの方法を用いて新しい場の理論の解析手法を確立し、それをもとに場の理論の非摂動的性質を解明することである。
PAGE TOP