益川塾塾生

博士研究員

氏名 研究テーマ 研究内容
上村 尚平 超弦理論の有効理論と素粒子現象論 超弦理論はもっとも有力な量子重力理論の候補とみなされている。一方、現在直接実験できるエネルギーでは、標準模型と呼ばれる理論が実験結果を上手く説明していると知られている。超弦理論が正しい量子重力ならば標準模型は弦理論の有効理論になっているはずである。しかし超弦理論は無数の真空を持つため、それを確かめることは難しい。私は現象論的に隠れたセクターと観測できるセクターの関係に注目し、その問題の解決に挑戦している。
菊地 健吾 グラディエントフロー方程式を用いた場の理論の新しい解析手法の発展 場の理論は、現代物理学における基礎理論の1つとして、非常に重要な役割を担っている。場の理論における非摂動的な解析は、素粒子物理学の重要な研究テーマの1つであるが、ゲージ理論に対する厳密繰り込み群や、格子上の超対称性理論のように、正則化による対称性の破れの問題は、非摂動的解析の妨げとなっている。本研究の目的は、これらの問題に対して、グラディエントフローの方法を用いて新しい場の理論の解析手法を確立し、それをもとに場の理論の非摂動的性質を解明することである。
山津 直樹 素粒子標準理論を越える統一理論の研究 素粒子標準理論は、現在までの様々な実験や観測により優れた低エネルギー(電弱スケール)での有効理論として知られている。しかしながら、素粒子クォークとレプトンの世代の起源、クォークとレプトンの質量階層性、電弱対称性の破れの起源、ゲージ階層性問題など多くの課題が残されている。私は、標準理論を越える物理理論を対称性とその破れに基づく統一理論として構築することを目指して多角的に研究を進めている。現在取り組んでいる具体的な課題は、(1)世代対称性に基づく素粒子のカイラルな世代構造の統一理論の構築と(2)大統一ゲージ対称性に基づく大統一理論と高次元時空対称性に基づくゲージ・ヒッグス統一理論を融合させたゲージ・ヒッグス大統一理論の構築である。
山中 真人 宇宙・天文観測と地上実験の相補検証による未知の素粒子模型の確立 近年、宇宙・天文の観測精度の精巧化により、未解明の謎に関わる物理量が高精度、かつ、多様な形で測定されている。これは、宇宙・天文の測定量をプローブとして、未知の素粒子模型に多方向からアプローチできることを意味している。こういった観測量は、地上実験では到達不可能なエネルギースケールに感度を有する場合もあり、種々の物理に対する無二のプローブとなる。つまり、宇宙進化の追究が直ちに未知の素粒子模型の解明に繋がる。ビッグバンから今日に至る宇宙進化の追究の重要性、その追究が素粒子物理の進展に与える意義を鑑み、私は、未知の素粒子模型を枠組みとした宇宙に残る謎の解明、及び、宇宙・天文の高精度観測と地上実験の相補検証による未知の素粒子模型の確立を研究目的とする。
PAGE TOP